<スプラトリー諸島>領土防衛のため海軍派遣を―中国紙

<スプラトリー諸島>領土防衛のため海軍派遣を―中国紙
27日、国際先駆導報は、中国のスプラトリー諸島(南沙諸島)支配権が東南アジア諸国により脅かされていると警告、艦艇派遣など軍事力も含めた強い態度を見せるべきと主張した。写真はスプラトリー諸島に駐屯する中国軍。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group/g29011.html">【その他の写真】</a>(Record China)
2009年2月27日、国際先駆導報は特約軍事観察員・海韜(ハイ・タオ)氏のコラムを掲載した。海氏は中国のスプラトリー諸島(南沙諸島)支配権が東南アジア諸国により脅かされていると警告、艦艇派遣など軍事力も含めた強い態度を見せるべきと主張している。

今年2月、フィリピン議会は領海確定法案を可決、中国が領有権を主張するスプラトリー諸島の一部の領有を主張した。中国では領土の主権が脅かされるとして強い反発が起きているが、海氏は「領土紛争を棚上げにし共同開発に取り組む」という中国政府の提唱する原則が危機にさらされていると指摘する。

【その他の写真】

スプラトリー諸島の領有権を主張しているのは中国、フィリピンだけではなく、ベトナムやマレーシアも同様の動きを強めている。海氏は東南アジア各国は軍事力を増強し、実質支配から恒久的な支配権確立を目指しており、今、手をこまねいていれば領土を失うと指摘した。そして、スプラトリー諸島確保のために艦艇派遣など軍事力を含めた強い態度を見せるべきと主張している。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
中国は軍事超大国、スプラトリー諸島への武力侵攻はない―フィリピン紙
反日団体、尖閣諸島への「上陸計画」明かす=今年5月に実行か―台湾
領海規定法案が国会通過、南沙諸島めぐり中国と対立―フィリピン
尖閣諸島など52%の海域で争い、領有権を強く主張へ―中国
中国の軍事力増強、米航空母艦を動かした―米紙

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2009年2月28日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。