暗殺された元CIA将校は中国大使館誤爆事件の責任者―米国

暗殺された元CIA将校は中国大使館誤爆事件の責任者―米国
2009年4月、米誌・フォーリンポリシーは元米中央情報局(CIA)中佐、ウィリアム・J・ベネット氏が暗殺されたことを報じた。ベネット氏は1999年のユーゴ空爆に参加、中国大使館誤爆事件の責任者として解雇されていた。写真は米国防総省。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group/g30511.html">【その他の写真】</a>(Record China)
2009年4月、米誌・フォーリンポリシーは元米中央情報局(CIA)中佐、ウィリアム・J・ベネット氏(54)が暗殺されたことを報じた。ベネット氏は1999年のユーゴ空爆に参加、中国大使館誤爆事件の責任者として解雇されていた。15日、環球時報が伝えた。

今年3月22日、ベネット氏は妻とともに公園を散歩していた。2人が公園に入ってからまもなく、窓のない白い不審車両が公園に入っていたという。その後、激しい物音が聞こえたかと思うと車は走り去っていった。発見された時にはベネット氏はすでに死亡、妻も重傷を負っていたという。

【その他の写真】

この殺人事件をめぐり、ベネット氏の経歴が関係しているとの見方が浮上。1999年、米国らNATO軍はユーゴを空爆したが、中国大使館を誤爆する事件が起きた。中国各地ではデモが発生、米企業の店舗が破壊されるなどの騒ぎとなった。この時、誤って中国大使館を爆撃目標と指定したのがベネット氏だったという。その責任を問われ、同氏は2000年に解雇されている。

一方、米連邦捜査局(FBI)などベネット氏殺害事件を担当する捜査当局は、「事件と同氏の経歴を結びつける証拠は一切ない」と否定している。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
<タリバン>外国人人質の殺害ビデオ公開、殺害続けると脅迫―パキスタン
「馬総統殺す」ネットで殺害予告の男を逮捕、「死刑廃止に不満」―台湾
連続8人殺人犯が建国60周年の「恩赦」?世論の反発に専門家が否定―中国
カナダ人モデル強盗殺害事件、容疑者を逮捕―中国
国境警備隊17人殺害のテロリストに死刑判決―新疆ウイグル自治区

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2009年4月16日の中国記事

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュース

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。