夫婦8組に1組は不妊=精子バンク不足も深刻―中国

夫婦8組に1組は不妊=精子バンク不足も深刻―中国
2009年4月14日、国家計画生育委員会科学研究所生殖健康医療センターの陳振文主任はラジオ局・中央人民放送局の番組に出演、精子バンクの現状について語った。写真は広東省の精子バンク。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group/g30513.html">【その他の写真】</a>(Record China)
2009年4月14日、国家計画生育委員会科学研究所生殖健康医療センターの陳振文主任はラジオ局・中央人民放送局の番組に出演、精子バンクの現状について語った。

今や世界各国で不妊症は急増、大きな問題となっている。中国でも不妊に悩む夫婦の割合は20年前の5%未満から現在では10~15%にまで上昇している。つまり夫婦8組につき1組は不妊で悩んでいることになる。

【その他の写真】

こうした悩みを解決するべく設けられたのが精子バンク。中国では2001年に法規定が定められ、中国衛生部が直接管理している。その数は中国全土でいまだ10カ所に満たない。精子バンクに提供された精子は、年齢や健康、さらには病歴や遺伝、家族史まで調べられたものだという。

ただし必要量が確保されていないのが問題となっている。昨年、精子バンクは上海市で1500件分を提供したが、必要としている夫婦は年3000組にも達するという。なかには精子提供が受けられず、子どもができないのを苦にして離婚する夫婦もいる。陳主任は、提供者のプライバシー保護など多くの条件をクリアする必要があることから、精子バンク設立が追いつかないのが現状だと答えている。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
不妊症増加で精子バンクに長蛇の列、闇も横行―中国
精子バンクでも2割だけ!男性10万人が不妊症、環境汚染などで―上海市
精子バンクの「日本製ビデオ」的実態を告発?!施設側は否定―中国
50年後には人類滅亡!?過去60年間で精子数62%下降の深刻さ―中国
避妊具広告に毛沢東!華人らの怒り爆発―ドイツ

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2009年4月19日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。