<女子サッカー><続報>替え玉は事実!スポーツ界に蔓延する“不正”を正せ―中国

<女子サッカー><続報>替え玉は事実!スポーツ界に蔓延する“不正”を正せ―中国
17日、今月トルコで開催されたサッカーの世界大会で優勝した中国重慶市大坪中学女子サッカーチーム。だが大坪中学に在籍していない選手が多数プレイしていたという。写真は問題の女子サッカーチーム。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group/g30595.html">【その他の写真】</a>(Record China)
2009年4月17日、新華通信社電子版は、世界大会で優勝した女子サッカーチームの身分詐称問題について取り上げ、これを事実とした上で「中国スポーツ界に蔓延する数々の『不正』が教育界にも波及した」と批判する論説を掲載した。

それによると、今月12日にトルコで開催された「世界学生選手権(World Schools Championship)」女子決勝戦で見事優勝した重慶市大坪中学(日本の高校にあたる)。そのチームメンバーに大坪中学とは無関係のジュニアユースの選手が多数存在しているとの報道があった。これについて未だ正式な調査結果は発表されていないが、同チームの大部分の選手が大坪中学生でないことはすでに確認されている。

【その他の写真】

今回の世界選手権は国際学校スポーツ連盟(ISF)主催。中国代表チームの選抜については教育界の管轄であり、国内のスポーツ界とは無関係だった。だが、国際大会でこうした不正を行った事実は、中国スポーツ界全体のイメージを著しく損ない、青少年の健全な育成に大きな悪影響を及ぼすに違いない。

中国スポーツ界ではここ数年、賭博にやらせ、暴力、年齢や身分詐称など、あらゆる試合であらゆる不正が横行している。しかも、こうした不正がプロからアマチュアへ、大人から子供へと広がっているのだ。

今回の「大坪中学替え玉事件」に関しては、単に調査結果を発表して終わりにするのではなく、その根底にある大きな病巣を取り除く決意で臨んで欲しいものだ。(翻訳・編集/本郷)

【関連記事】
<女子サッカー>「替え玉の術」?世界大会優勝の中学チーム、ジュニア代表が不正出場か―中国
<サッカー>「勝利の女神」に暴行=チーム大敗にサポーターが凶行―山東省済南市
<サッカー>FIFAが五輪規定変更、年齢詐称横行を狙い撃ち?!―中国
<サッカー>八百長、闇賭博、審判買収…!根絶に専門対策グループを設置―中国
欧州サッカーを汚す不正疑惑、八百長の影に華人賭博集団―中国紙

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2009年4月19日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら