<レコチャ広場>炭鉱で鍛えた強靱ボディ!「ミャオの拳王」中国選手が内藤大助選手に挑戦へ―上海市

<レコチャ広場>炭鉱で鍛えた強靱ボディ!「ミャオの拳王」中国選手が内藤大助選手に挑戦へ―上海市
09年5月、個人ブログ「21世紀中国ニュース」は、26日、上海市で行われる内藤大助選手のWBC世界フライ級タイトル戦について、「3大団体の世界戦への中国人の参加は初めて」と期待している。写真は北京五輪ライトフライ級金メダルの鄒市明選手。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group/g31518.html">【その他の写真】</a>(Record China)
2009年5月、レコードチャイナのライターによる個人ブログ「21世紀中国ニュース」は、26日、上海市で行われる内藤大助選手対熊朝忠選手のWBC世界フライ級タイトルマッチについて、「3大団体の世界戦への中国人の参加は初めて」と期待している。

同ブログの内容は以下の通り。

【その他の写真】

5月26日、上海市でWBC世界フライ級タイトルマッチ、内藤大助選手対熊朝忠選手の試合が行われます。偉大なチャンピオン・ポンサクレックを破り世界王者として一躍スターダムにのし上がった内藤選手。対するはほとんど情報がない中国の未知の強豪。「(155センチという低身長に)打つところがない」とか、「(高地で育ったため)体力は驚異的。長引けば危ないため早期決着狙う」といった情報が伝えられています。もちろんアウェー・上海開催というのも内藤選手にとっては不安要素でしょう。

中国メディアでは「未知の強豪」熊朝忠選手の経歴が紹介されています。

熊選手は1982年、雲南省出身の26歳。少数民族・ミャオ族の生まれです。貧しい家庭に生まれた熊選手はなかなか仕事を見つけることができず、炭鉱で石炭を運ぶ仕事についていたとのこと。そのため155センチの小さな体にもかかわらず、見るものを驚かせるような筋肉の塊へと成長したそうです。

3年前から昆明でボクシングを学びはじめ、2008年にはWBCアジア王座のベルトを獲得しています。戦績は12勝(8KO)1敗1分。「小タイソン」「ミャオの拳王」との異名をとるそうです。現在、熊選手は世界14位にランク。3大団体(WBC、WBA、IBF)の世界戦に中国人が参加するのは初めてとのこと。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2009年5月19日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。