「発禁監督」ロウ・イエがカンヌで唯一の快挙、新作の同性愛映画が話題―中国

「発禁監督」ロウ・イエがカンヌで唯一の快挙、新作の同性愛映画が話題―中国
2009年5月31日、「第62回カンヌ国際映画祭」に出品されたロウ・イエ監督作品「Spring Fever」(原題:春風沈酔的夜晩)が、熱い注目を集めている。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group/g31904.html">【その他の写真】</a>(Record China)
2009年5月31日、「第62回カンヌ国際映画祭」に出品されたロウ・イエ(婁[火華] )監督作品「Spring Fever」(原題:春風沈酔的夜晩)が、熱い注目を集めている。NOWnewsが伝えた。

今年のカンヌ映画祭では、「Spring Fever」が最優秀脚本賞に選ばれ、中華圏の監督で唯一の受賞者となったロウ監督。中国・南京を舞台にゲイの若者ら3人による愛の葛藤(かっとう)を描いた作品だが、中国でタブー視される「ゲイ」というテーマに、国内では物議を醸すとみられている。

【その他の写真】

中国映画界では「発禁監督」の名で知られるロウ監督。06年の「天安門、恋人たち」では、天安門事件を背景にしたテーマや性描写が問題とされ、中国当局から5年間の映画製作禁止を命じられている。「Spring Fever」は昨年春から、当局の目をかいくぐってゲリラ的に撮影が行われた作品だが、カンヌに登場したロウ監督は、「中国の映画人が、自分の構想を自由に作品にできるようになれば」「性は自由で自然な営み。いかなる拘束も受けてはならない」と話していた。(翻訳・編集/Mathilda)

【関連記事】
<カンヌ映画祭>中国人記者に激怒!「Face」のツァイ・ミンリャン監督―台湾
チャン・ツィイーがカンヌ映画祭に最多登場の快挙、富豪婚約者との愛も順調―中国
「私は間違ってない」チャン・ツィイー、驚愕の「全裸盗撮」にコメント―カンヌ映画祭
薬物事件から見事復帰!チャン・ユアン監督の2作がカンヌ映画祭へ―海外メディア
カンヌ映画祭で審査員に挑戦、スー・チーが作り笑いで「顔こわばった!」―香港

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2009年6月1日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら