アジアの指導力は中国へシフト、日本が嘆く「失われた20年」―華字紙

アジアの指導力は中国へシフト、日本が嘆く「失われた20年」―華字紙
6日、日本の華字紙は在日中国人ジャーナリスト、莫邦富氏の署名記事で、日本はバブル崩壊後の「失われた10年」から、さらなる「失われた10年」が続き、「危機の20年」問題としてクローズアップされ始めていると報じた。資料写真。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group/g33209.html">【その他の写真】</a>(Record China)
2009年7月6日、華字紙・日本新華僑報は在日中国人ジャーナリスト、莫邦富(モー・バンフ)氏の署名記事で、日本はバブル崩壊後の「失われた10年」から、さらなる「失われた10年」が続き、「危機の20年」問題としてクローズアップされ始めていると報じた。

日本は90年代初めにバブルが弾けた後、長い経済低迷時代に突入した。日本ではこれを「失われた10年」と呼ぶ。数年前からようやく景気回復の兆しが見えてきたが、政治家の無策や世界的な金融危機などの影響で、日本経済は再び深い谷間に突き落とされた。それなのに首相は次から次へと交代。悲観的な空気が社会全体を覆い、日本に新たな「失われた10年」が加わったとの見方が強まり始めた。多くの日本人が今、この「危機の20年」問題に着目している。

【その他の写真】

記事は2日付朝日新聞の「日本@世界」に掲載された「危機の20年の出口は」を引用。89年から始まった「危機の20年」で、女性1人当たりの平均出生率は急激に低下し、国民1人あたりの国内総生産(GDP)や国際競争力も上位から転落したと紹介した。98年に3万人を超えた年間自殺者数も減少の気配はない。学力に関しても00年と06年とを比べると、明らかな低下が目立つ。

国際社会も最近では、日本がアジアのリーダーシップを中国に譲り始めていると見ている。日本の外交はその場だけのものが目立つという。だが、「危機の20年」で最も被害を受けたのは若年層。記事は彼らに働く場と希望を与えることが大切だと強調し、今こそ公共政策としての青年政策を確立する時だと訴えた。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
<中国人が首傾げる、日本の10大フシギ・2/10>政治談義はタブーでない
<中国人が首傾げる、日本の10大フシギ・3/10>過労死と自殺の多さ
日本の経済が停滞?馬鹿を言うな―中国ブログ
「中国のGDP、今年にも日本を上回る」と公式に記述―経済産業省
日本人の平均身長が40年で9センチも伸びた!その秘訣は…―中国誌

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2009年7月9日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。