<続報>中ロ合同演習中の墜落機は「JH-7」、乗組員2人の死亡を確認―吉林省

<続報>中ロ合同演習中の墜落機は「JH-7」、乗組員2人の死亡を確認―吉林省
21日、中国吉林省で行われていた中ロ合同軍事演習中に墜落した中国人民解放軍機は、戦闘爆撃機「JH-7(殲轟7、FBC-1)」であることが分かった。乗組員2人の死亡も確認されたという。写真は昨年11月、珠海航空ショーで展示された「JH-7」。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group/g33600.html">【その他の写真】</a>(Record China)
2009年7月21日、中国吉林省で行われていた中ロ合同軍事演習中に墜落した中国人民解放軍機は、戦闘爆撃機「JH-7(殲轟7、FBC-1)」であることが分かった。乗組員2人の死亡も確認されたという。中国新聞網が伝えた。

事故は19日、中ロ合同軍事演習「平和使命―2009」の最中に起きた。報道によれば、事故機は中国の航空機メーカー、西安飛機工業公司製の全天候型戦闘爆撃機「JH-7」。最大速度はマッハ1.69、戦闘行動半径は1650km。70年代から開発計画が進められてきたものだ。主な任務は対地、対空攻撃で、C-801K/803対艦ミサイルや空対空ミサイルなどを搭載する。

【その他の写真】

この合同軍事演習は中ロどちらか一方でテロが発生し、もう一方が加勢することを想定したもの。演習は18日から始まったばかりだった。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
中ロ合同軍事演習中に解放軍機が墜落、乗組員の安否は不明―吉林省
<中ロ>対テロ合同演習は軍事同盟ではない―中国軍幹部
<ウイグル暴動>独立派裁く立法を急ぐ=分裂・テロ活動抑え込み強化が狙い―中国
<ウルムチ暴動>従来のテロとは異なる深刻な事件=国家の統一脅かす―米華字紙
<北朝鮮>異例の中ロ批判=制裁など強硬姿勢に反発―北外務省

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2009年7月21日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。