<中華経済>ヤマトHDが上海で宅急便事業、中国物流会社を子会社化し

2009年8月26日、運送業大手のヤマトホールディングス(東京都中央区、瀬戸薫社長)は、中国の国有総合投資会社である上海久事公司と物流業の上海金剛投資有限公司の傘下の現地物流会社「上海巴士物流有限公司」を子会社化すると発表した。この子会社を拠点に、上海で宅急便事業を展開する計画だ。

上海巴士物流が第三者割当増資を行い、ヤマトが約34.8億円で全量を引き受けて出資比率を65%とする。

中国を含むアジア圏での宅急便事業を検討していたヤマトと、上海での物流事業の領域拡大・高度化を目指していた上海久事、上海金剛投資の思惑が一致した。子会社は「雅瑪多(中国)運輸有限公司」と改称。中国の物流業ではこれまでなかった「冷蔵冷凍対応」や「時間帯お届けサービス」なども行い、シェアの拡大を図る。(編集/東亜通信)

【関連記事】
<中華経済>大和ハウス、中国・大連で分譲マンションと商業施設の複合施設開発
<中華経済>東芝が江西省で水力発電所向け設備を受注、30億円で―中国
小中学校の中途退学、農村部で増加傾向に―中国
<中華経済>東レ、北京で現地企業と水処理事業の合弁会社設立
<中華経済>JTBが中国の大学生と交流するツアーを発売、千葉の大学生と共同開発

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2009年8月27日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら