ダライ・ラマ14世訪台が観光業を直撃?本土客の予約キャンセル相次ぐ―台湾高雄市

ダライ・ラマ14世訪台が観光業を直撃?本土客の予約キャンセル相次ぐ―台湾高雄市
17日、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の訪台後、高雄市のホテルでは中国本土観光客の予約キャンセルが相次ぎ、関係者が頭を悩ませている。写真は高雄の六合夜市。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=35454">【その他の写真】</a>(Record China)
2009年9月17日、複数の台湾メディアによると、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の訪台後、高雄市のホテルでは中国本土観光客の予約キャンセルが相次ぎ、関係者が頭を悩ませている。中国新聞網が伝えた。

高雄市は台風被災地への慰問としてダライ・ラマ14世の訪台を要請した地方自治体のうちの1つ。10月の高雄映画祭では「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル議長を主人公としたドキュメンタリー映画が上映されることも決まっている。中国国務院台湾事務弁公室(国台弁)の楊毅(ヤン・イー)報道官は、「ラビアは民族の分裂を企てる犯罪者。これ以上、両岸(中台)関係の平和的発展が妨害されないことを希望する」と不快感を表している。

【その他の写真】

記事によれば、9月に入ってから高雄市内のホテルでは、本土観光客からすでに3000室分の予約キャンセルがあった。ホテル側の損害額は600万NT(約1700万円)以上。このままではレストランや交通機関、土産物屋なども大きな痛手を被る。そこで、同市ホテル組合は高雄市に対し、カーディル議長の映画上映を取り止めるよう、近く文書で要請する予定だ。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
中国要人、ダライ・ラマ14世の訪問に反発で台湾関連イベントに出席中止―中国メディア
ラビア・カーディル氏の映画上映へ=中国紙は「中台関係に強い打撃」と批判―台湾高雄市
米政府がダライ・ラマ訪米を計画、「米中関係の悪化は免れない」―中国紙
<中台>馬総統、本土との経済枠組み協議は「2010年初めまでに締結したい」―台湾
中国本土からのツアー客、6-8月での失踪者は計10人―台湾

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2009年9月18日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。