全国のテレビ局、毎年1200本の映画を無断放映!地方局ほど大胆に―中国

全国のテレビ局、毎年1200本の映画を無断放映!地方局ほど大胆に―中国
23日、中国では映画やドラマを無断放映するテレビ局が後を絶たない。毎年1200本の映画が無断放映され、その損害額は6000万元にのぼるという。写真は北京のDVD店の取り締まり。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=35636">【その他の写真】</a>(Record China)
2009年9月23日、人民日報(電子版)によると、中国全土のテレビ局で毎年1200本の映画が無断放映されていることがわかった。

テレビ局による映画やテレビ番組の無断放映を取り締まるため、中国音像協会と北京中視広聯媒介諮詢(メディアコンサルタント)有限公司(以下、中視広聯)主催の「第1回中国テレビ番組放映版権の保護と発行に関するシンポジウム」が23日、北京市にて開催された。

【その他の写真】

それによると、全国31の省・直轄市・自治区、300以上の地方都市、2000以上の県をカバーする放送チェックシステムを現在構築中だという。このシステムにより現地の全テレビチャンネルを24時間体制でチェック、録画することができる。すでに国家広播電影電視総局の支持を得ているという。

中国音像協会の責任者は「多くのテレビ局が違法に映画やテレビドラマなどを放映し、不正な利益を得ている」と指摘。「こうした違法行為は省クラスのテレビ局ではあまり多く見られないが、県クラスの小規模なテレビ局では日常的に行われている」と話す。

中視広聯のデータによると、中国全土のテレビ局で毎年1200本以上の映画が無断放映されている。著作権を侵害された映画1本の損害賠償額を最低基準の5万元(約65万円)として計算すると、年間6000万元(約7億8000万円)の損失を被っていることになる。さらに、テレビドラマは年間2万話分が無断放映され、その損失額は1億元(約13億円)以上にのぼるという。(翻訳・編集/本郷)

【関連記事】
日本の番組を無断使用、中国動画共有サイトの取り締まり強化へ―日本
「松坂牛」「青森」など、海外での無断商標登録対策に本腰―日本
各メディアが一斉に「クレヨンしんちゃん」作者とは別人の写真を掲載!日本人ファンの指摘で謝罪―中国
著作権は無視!海賊版DVDを支える「字幕組」、アマでも驚くほど高い外国語能力―中国紙
レッドクリフのリン・チーリンが堕胎を推奨?!韓流スターは…、病院が写真を無断使用―中国

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2009年9月26日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら