中国は世界経済最大の牽引力に、建国60年の功績を報告―国家統計局

中国は世界経済最大の牽引力に、建国60年の功績を報告―国家統計局
9月28日、中国国家統計局は建国から60年間の中国経済をまとめた報告書で、世界経済に対する中国経済の牽引力は07年時点ですでに世界一であったと報告した。写真は中国のエアコン生産工場。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=35775">【その他の写真】</a>(Record China)
2009年9月28日、中国国家統計局は建国から60年間の中国経済をまとめた報告書で、世界経済に対する中国経済の牽引力は07年時点ですでに世界一であったと報告した。29日付で中国新聞網が伝えた。

「国際的地位の明らかな向上、国際影響力の明らかな増強」と題された報告書によると、中国の国内総生産(GDP)は改革開放の実施から30年で16倍以上に膨れ上がった。78年の世界経済に対する中国経済の寄与率はわずか2.3%だったが、07年には19.1%にまで上昇。米国より3.5ポイント、ユーロ圏より6.3ポイント、日本より11.7ポイント高くなり、世界一となった。また、同年の世界経済に対する中国経済の牽引力は0.1%で米国は1.7%だったが、07年に中国は0.7%にまで上昇し、こちらも世界一となった。

【その他の写真】

中国政府はGDP成長率8%を保つ目標を掲げているが、アジア開発銀行(ADB)は22日、中国の09年のGDP成長率を8.2%へと上方修正した。報告は最後に、中国経済は建国から60年で先進国との格差を縮め、世界平均を上回るスピードで成長を続けた結果、世界第3位の地位まで上り詰めた、と輝かしい功績を強調した。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
<競争力番付>米は2位へ陥落、日中印そろって1ランクアップ―世界経済フォーラム
史上空前の速度で進む中国の都市化、その行方は世界経済にも影響大―中国メディア
世界経済の回復、あと3~5年が必要=経済学者80人のアンケート―中国
世界経済の中心はNY・ロンドンから「上海・香港」の時代に―韓国紙
中国の人口データはなぜ不正確なのか?実態の発覚恐れ地方官僚がごまかし―中国

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2009年10月1日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。