チンギスハンの墓は四川省にあった!?末裔の女性が証言、現地調査も開始―中国

チンギスハンの墓は四川省にあった!?末裔の女性が証言、現地調査も開始―中国
9月28日、13世紀にモンゴル帝国を築いたチンギスハンの末裔とされる女性が、これまで謎とされてきた墓の所在について、「四川省カンゼ・チベット族自治州にある」と証言し、大きな話題となっている。写真は中国内モンゴル自治区にあるチンギスハンの霊廟。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=35811">【その他の写真】</a>(Record China)
2009年9月28日、13世紀にモンゴル帝国を築いたチンギスハンの末裔とされる女性が、これまで謎とされてきた墓の所在について、「四川省カンゼ・チベット族自治州にある」と証言し、大きな話題となっている。30日付で東方早報が伝えた。

北京の歴史学者、滕木其楽(テムチラ)氏によれば、証言したのはチンギスハンの第34代子孫とされる大連在住のモンゴル族女性、ウユンチチガさん(80)。証言によれば、墓の場所は先祖代々口頭で伝えられ、4年に1度は身内だけで墓参りを続けてきた。墓は山奥の洞窟にあり、当時の戦利品や書籍など多数の財宝が埋蔵されている。洞窟内には多くの穴があり、その中の一つにミイラ化したチンギスハンの遺体が保存されているという。テムチラ氏は7月の現地調査で、洞窟の入口を確認している。中国の関係部門も9月から現地調査を開始した。

【その他の写真】

チンギスハンの墓は世界史上最大の謎の一つとされ、所在については諸説あるが、霊廟のある中国内モンゴル自治区のオルドス市が最も有力とされていた。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
チンギス・カンの墓探しを計画、期間は3年―米大学
成吉思汗(チンギス・ハーン)廟
清朝皇族の末裔が詐欺!「祖父の遺品を取り戻したかった」―北京市
「諸葛亮孔明の子孫」日系モデルのマリー・ジュウガー、日本進出も目前―香港
学者真っ青!発見の「関羽の家系譜」、子孫がトイレ紙に使用―河南省鄭州市

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2009年10月1日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。