<中華経済>いよいよ始動の“中国版ナスダック”、「初日に売り」が64%―中国ネット調査

<中華経済>いよいよ始動の“中国版ナスダック”、「初日に売り」が64%―中国ネット調査
9月29日、中国・深セン証券取引所に開設されるベンチャー企業市場「創業版(中国版ナスダック)」に第一陣として上場する企業10社が、9月25日から行った個人投資家向け公募の当選結果が公表された。写真は09年9月、河南省鄭州市の証券取引所。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=35823">【その他の写真】</a>(Record China)
2009年9月29日、中国・深セン証券取引所に開設されるベンチャー企業市場「創業版(中国版ナスダック)」に第一陣として上場する企業10社が、9月25日から行った個人投資家向け公募の当選結果が公表された。

中国の大手ポータルサイト・新浪網が投資家を対象に実施したアンケート調査では、回答した5305人のうち、27.8%が当選していた。ただ、このうちの64.5%が「初日にこの株を売却する」と答え、中国投資家の短期売買志向がうかがえる結果となった。「売却しない」と答えた人は14.3%だった。

【その他の写真】

創業板への企業の上場は10月中にも始まる見込みだ。第一陣で公募を行った10社の当選確率は0.3~1.2%。PER(株価収益率)は40~68倍。公募にからんで凍結された投資資金は計7804億元(約10兆円)だった。(編集/東亜通信)

【関連記事】
<中華経済>新設“中国版ナスダック”で上場準備進む、10社が公募受付開始
<中華経済>中国版ナスダック開設へ、上場企業の審査本格化
<中華経済>新興企業向け「創業板」の上場申請26日から開始、上場は10月以降―中国
<中華経済>新興企業向け市場「創業板」の上場規則を公布―深セン証券取引所
A株市場の投資家、昨年5月からの1年で100万円の損失―中国

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2009年10月1日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。