中国で不動産価格の高騰が深刻化、バブル崩壊を懸念する声も―米誌

中国で不動産価格の高騰が深刻化、バブル崩壊を懸念する声も―米誌
18日、中国で不動産価格が高騰を続けており、バブルが弾ける危険性が高まっていると懸念する声も出ているという。写真は北京市内のマンション購入予約のため並ぶ人々。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=37256">【その他の写真】</a>(Record China)
2009年11月18日、環球時報によると、16日付の米タイム誌は、米国の不動産価格は下落しているが、中国では高騰を続けていると伝えた。

中国では各都市で住宅が飛ぶように売れており、マンションの販売が開始するとすぐに購入希望者が長蛇の列をなす状態となっている。不動産市場の復興は中国が景気後退の波から抜け出す要素になるとの見方もあるものの、不動産の高騰はバブルが弾ける危険性もはらんでいる。

【その他の写真】

多くの専門家が中国の不動産市場はバブルではないとしているが、米国の専門家はバンク・オブ・アメリカの報告書で「不動産価格の高騰は中国の政策決定者にとって早急に解決すべき問題」とし、景気の刺激を目的とする金融政策の緩和と不動産価格の高騰の関連性を指摘している。

中国は一連の経済刺激政策によって世界的不況から抜け出そうとしているが、不動産の黄金時代が危険な結末に変わる可能性があると経済学者は話している。(翻訳・編集/岡田)

【関連記事】
<不動産バブル>市場はすでに「泡の中」、専門家が警告―中国
<中華経済>中央銀総裁「資産バブルはそう深刻でない」―中国
<中華経済>不動産価格が急騰、「80年代の日本と良く似ている」―中国紙
<調査>結婚相手には家持ち希望!背景に独身女性の「不動産信仰」―広東省広州市
物価の安い深センで香港人6万人が生活、半数は不動産も購入―中国

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2009年11月19日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュース

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら