<サッカー>中国、日韓W杯でも八百長!根深いサッカー賭博の闇―新華社記者

<サッカー>中国、日韓W杯でも八百長!根深いサッカー賭博の闇―新華社記者
2009年11月20日、新華社のスポーツ記者・楊明氏は、2002年の日韓ワールドカップでも中国代表の選手は八百長に加担していたと明かした。写真は2002年ワールドカップの中国人サポーター。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=37341">【その他の写真】</a>(Record China)
2009年11月20日、網易は当局の捜査が進むサッカー賭博問題に関するインタビュー記事を掲載した。著書「ブラックホイッスル」でサッカー界の闇を暴いた新華社のスポーツ記者・楊明(ヤン・ミン)氏は、2002年の日韓ワールドカップでも中国代表の選手は八百長に加担していたと明かした。

楊氏は現在の賭博、八百長の取り締まりについて、2001年の取り締まりの経験があるだけに成果を上げられるかについては楽観視できないと指摘した。2002年にはあるクラブで監督から選手まで多数が八百長に関与していたことが明らかになったが、関与者の数が多すぎること、ワールドカップ開催年であることを考慮し、摘発は見送られたという。

【その他の写真】

またサッカーと賭博集団の深いつながりについても、楊氏はエピソードを紹介した。ある監督の誕生パーティーに出席した時のこと。見知らぬ男性が楊氏に話しかけてきて、「八百長については触れないほうがいい。さもなければいい死に方はできないよ」と脅してきた。パーティーは高級な酒も振る舞われる豪華なものだったが、費用はすべてある賭博集団が支払ったという。

また八百長は通常のリーグ戦だけではなく代表の試合でも行われていたとか。2002年日韓ワールドカップでも八百長にかかわった代表選手がいると楊氏は断言した。同大会で中国は3戦全敗の成績に終わった。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
<怖い中国事情><サッカー賭博>試合結果は全て胴元が決める?!想像を絶する「闇」
<サッカー賭博>八百長容疑で元広東省サッカー協会事務局長を拘束―中国
<サッカー賭博>疑惑のクラブ首脳を逮捕=八百長捜査のカギ握る重要人物―中国
闇サッカー賭博根絶へ=選手の逮捕も辞さず!史上空前の捜査が始まる―中国
<レコチャ広場><サッカー>漢奸と罵られようとあえて言う、隣国日本に学べ!―中国

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2009年11月21日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら