<続報>銃乱射事件、動機は「事業計画が失敗」=犯人の中国人が遺書―サイパン

<続報>銃乱射事件、動機は「事業計画が失敗」=犯人の中国人が遺書―サイパン
24日、米自治領サイパン島で20日に発生した銃乱射事件で、自殺した犯人の男(42)が遺書を残していたことが分かった。写真はサイパン。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=37425">【その他の写真】</a>(Record China)
       
2009年11月24日、米自治領サイパン島で20日に発生した銃乱射事件で、自殺した犯人の男(42)が遺書を残していたことが分かった。中国新聞網が伝えた。

犯人の男は射撃場で働いていたリー・ジョンレンという中国人で、サイパン南部の射撃場や北部の観光地で銃を乱射し、4人を死亡させたほか、韓国人観光客8人に重軽傷を負わせた。

【その他の写真】

警察当局によると、リーは「事業の交渉に失敗した」という内容のメモを数枚残しており、事業計画が上手くいかず経済的苦境に立たされたことが、事件の動機であるとみられる。また、メモは発見されやすい場所に置かれていたことから、計画的犯行の可能性もあるとして捜査が進められている。一方、韓国人が被害者となった件については「特に韓国人を狙ったものではない」との見方が示された。

記事によると、リーが勤めていた射撃場は今年初めに閉鎖していた。リーは別の場所で射撃場を開く計画を立てていたが失敗に終わり、かなりふさぎこんでいたという。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
射撃場とバンザイクリフの銃乱射・容疑者は中国人、総領事館が明かす―サイパン
移民支援施設で銃乱射事件、中国人男性1人負傷―米国
<基地銃乱射事件>専門家が読み解く影響=オバマ政権に大打撃―米国
中国社会にも銃乱射事件の影響、高まる安全意識―遼寧省瀋陽市
中国からの移民が300万人を突破、最多はカリフォルニア州―米国

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年11月25日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。