中国のHIV感染理由、トップは「異性間の性交渉」=性産業の拡大に警告―米紙

中国のHIV感染理由、トップは「異性間の性交渉」=性産業の拡大に警告―米紙
24日、米紙は「セックスが中国にエイズを蔓延させる主な原因となっている」と題した記事で、中国で異性間の性交渉によるHIV感染者が急増していると報じた。写真は当局の取り締まりを受けた性風俗店。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=37492">【その他の写真】</a>(Record China)
       
2009年11月24日、米紙シアトル・タイムズは「セックスが中国にエイズを蔓延させる主な原因となっている」と題した記事で、中国で異性間の性交渉によるHIV感染者が急増していると報じた。26日付で環球時報が伝えた。

国連合同エイズ計画(UNAIDS)が24日に発表した最新報告によると、中国で新たにHIV感染が確認された人のうち40%が異性間の性交渉、32%が同性間の性交渉によるもの。残りの大半は、過去に最も多かった薬物注射によるものだった。

【その他の写真】

また、07年時点の異性間性交渉によるHIV感染者は05年比3倍で、同性間性交渉による感染者の2倍に上った。UNAIDSのミシェル・シディベ事務局長は、アジアとアフリカではセックスワーカー(性産業従事者)や移民など高リスク集団への対策が急務だと指摘する。

報告は、セックス産業の著しい発展が中国で感染者を急増させている主な原因だと指摘。推計によると、国内の男性3700万人が売春女性の顧客となっており、うち60%はコンドームをほとんど使用していないという。中国衛生部は今年10月までのHIV感染者を31万9877人と発表したが、実際には約74万人に上るとみられている。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
エイズによる死者、累計で約5万人に―中国
コンドームの装着方法、国民の「必修科目」に―中国
アジア女性5000万人がHIV感染の危険に、主因は「男性の風俗通い」―国連エイズ合同計画
<調査>「風俗嬢との経験」は5.2%=80年代生まれの若者―広東省
エイズ検査後、陽性と判明の人は配偶者や性的パートナーに事実告知の義務―甘粛省

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュース

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュースをもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年11月27日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。