粉塵まみれの村、果物も実を結ばず生活機能停止!隣接の採石場に住民の怒り爆発―広東省珠海市

粉塵まみれの村、果物も実を結ばず生活機能停止!隣接の採石場に住民の怒り爆発―広東省珠海市
19日、広東省珠海市のある村では、隣接した山に10年ほど前から複数の採石企業が参入したために深刻な環境汚染に悩まされ、住民らがついに不満を爆発させたという。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=37452">【その他の写真】</a>(Record China)
       
2009年11月19日、広東省珠海市のある村では、隣接した山に10年ほど前から複数の採石企業が参入したために深刻な環境汚染に悩まされ、住民らがついに不満を爆発させたという。南方都市報の報道。

広東省珠海市の紅聯村は50世帯200人が暮らす小さな村。ここでは良質の花崗岩を産出するため、隣接する山に90年代末ごろから複数の企業が参入し、石材採掘事業の開発が始まった。しかし、作業用地建設のための山の切り崩しや石材の加工作業によって、紅聯村の住民は大きな被害をこうむることとなる。

【その他の写真】

村の3分の2の家屋には爆破工事の震動によってひびが入り、新築住宅もわずか3年で欠陥住宅となってしまった。また、昼間の爆破工事が終わると、今度は石材加工作業による粉塵で村は一面、濃霧が立ち込めたかのような光景となる。住民はマスクなしでは外出できないほどとなり、道を歩けば頭上から小石が降ってくることもあるという。粉塵を浴びてミツバチが寄りつかなくなった果樹は、受粉をしないために二度と身を結ばず、そのため多くの農民が農業を放棄、職を求めて都市部へ出稼ぎに行く羽目となった。

この窮状は政府機関も把握している。採石場は06年に、地元当局(安全生産監督管理局)より基準値以上の粉塵排出を指摘され、改善命令を出されている。さらに、08年には爆破作業によって飛び散った石で村の家屋13軒を破損する事故が発生、一時操業中止になっている。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年11月27日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。