iPhone発売から1か月、海賊版がソックリ広告で本家に宣戦布告?―中国

iPhone発売から1か月、海賊版がソックリ広告で本家に宣戦布告?―中国
26日、中国で先月から米アップルの「iPhone」が販売されているが、海賊版のソックリ広告までお目見えし、関係者の頭を悩ませている。写真上が海賊版ソックリ広告、下がアップルのウェブ上に掲載されているスクリーンショット。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=37511">【その他の写真】</a>(Record China)
       
2009年11月26日、米アップルの携帯端末「iPhone」が先月から中国で販売開始となり、大規模な宣伝活動が展開される中、海賊版のソックリ広告がお目見えし、関係者の頭を悩ませている。新浪科技が伝えた。

中国向けiPhoneは通信キャリア大手・中国聯通(チャイナ・ユニコム)が販売権を獲得し、先月30日から正式販売されているが、本物ソックリの海賊版も実は大量に出回っている。しかも、堂々と宣伝する訳にはいかないはずの海賊版なのに、中国南部のある都市で、これまた本物ソックリの巨大広告が登場し、関係者の度肝を抜いている。

【その他の写真】

「Phone」と名付けられた海賊版の巨大広告は屋外に堂々と掲げられ、一見するとiPhoneの広告と見間違うほどソックリ。唯一、大きな違いといえば、価格が格安の599元(約7600円)になっていることだが、正規版はiPhone 3G 8GBが4999元(約6万3000円)、iPhone 3GS 32GBが6999元(約8万9000円)なので、こちらも微妙に本家を意識した設定になっている。

チャイナ・ユニコムは法的手段も辞さない構えを見せると同時に、海賊版が横行する携帯電話市場のあり方について、「改善していくべきだ」と呼び掛けた。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
<iPhone>未発売でも、すでに100万台流入か―中国
海賊版あるし…?初の公式iPhone発売、盛り上がらず―中国
次世代iPhone紛失の従業員が自殺=製造メーカー揺るがす大問題に―中国紙
中国製「iPhone」そっくり携帯電話、あきれたコピーの中身!―中国
「iPhoneキラー」…つまりパクリ?国産の酷似製品がついに登場―北京市

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年11月28日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。