<上海ディズニー>テーマパーク、7割は赤字!外資系の進出、更なる脅威に―中国

<上海ディズニー>テーマパーク、7割は赤字!外資系の進出、更なる脅威に―中国
11月29日、ディズニーランドをはじめ外資の進出が続く中、中国独自のテーマパークの生き残りが危ぶまれている。写真は「ニセディズニー」として話題となった北京市の石景山遊楽園。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=37566">【その他の写真】</a>(Record China)
       
2009年11月29日、工人日報は記事「中国テーマパークのブランド確立の道はどこに?テーマパークの7割は赤字」を掲載した。

先日、上海ディズニーランドの建設が正式に発表された。また湖北省武漢市では、先日、フランスとの協力により新たなテーマパーク建設が発表された。外資の進出が続く中、中国のテーマパークは生き残りと独自ブランド確立を目指した摸索が続いている。

【その他の写真】

1995年、広東省広州市でテーマパーク・広州世界大観がオープンした。総工費6億元(約76億3000万円)を投じた同園は一世を風靡したが、さきごろ無期限営業中止を発表した。中国のテーマパークの7割が赤字と伝えられる中、倒産や営業停止に追い込まれる例は少なくない。

華僑城集団の任克雷(レン・クーレイ)CEOは2000年からの10年間はテーマパークの自覚的発展期であり、企業はなにをなすべきかを知った時期であったと総括している。問題は次の10年、もし方針を誤れば一部の大都市に複数の、そして似通ったテーマパークが乱立する状況になると警告する。必要なのは理性的な成長であり、近視眼的ではない、生き残りを目指した長期的な戦略が必要だとコメントした。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
呆然!上海に奪われたディズニーランド計画、「あれほど準備していたのに…」―韓国
<上海ディズニー>林立するビニールハウス!中止令で、立ち退き料釣り上げ工作は徒労に…―上海市
中国オリジナルの「ディズニーランド」着工!来年の国慶節前にオープン?―湖南省
「偽ディズニー」の石景山遊楽園、アトラクション最多のテーマパークに―北京市
「性」のテーマパーク取り壊しで周辺の「セクシートイレ」も巻き添えに―重慶市

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「広州 + 観光」のおすすめ記事

「広州 + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

「広州 + 事件」のおすすめ記事

「広州 + 事件」のおすすめ記事をもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年11月30日の中国記事

キーワード一覧

  1. 広州 事件
  2. 広州 観光

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。