中国人の誇りを取り戻せ!中華風建物を復活の動き活発化―米紙

中国人の誇りを取り戻せ!中華風建物を復活の動き活発化―米紙
11月24日、米紙は「中国は『建築物』の時計を逆回りさせた」と題した記事で、中国で伝統的な中華風建物を復活させる動きが活発化していると報じた。写真は北京市内の中華風建築のスターバックス。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=37457">【その他の写真】</a>(Record China)
       
2009年11月24日、米紙USAトゥデイは「中国は『建築物』の時計を逆回りさせた」と題した記事で、中国で伝統的な中華風建物を復活させる動きが活発化していると報じた。

中国では少し前まで伝統的な建築様式を否定するかのように、ローマやパリを模倣した西洋風の建築物が次々と建てられ、昨年の北京五輪ではメイン会場となった「鳥の巣」(国家体育場)など近代的な建築物が世界中の人々を仰天させた。だが、記事によれば、最近は新たな観光の目玉にすべく、伝統的な中華風建物への建て替えが進んでいる。

【その他の写真】

「中国人にとっての旅行とは長い間、大都市で高層ビル群を眺めることだった」と話すのは、旅行のプロとして有名な魏小安(ウェイ・シャオアン)氏。中国人は数十年間、自らの伝統をさげすんできたが、最近の風潮は中国人が自らの歴史に誇りを感じている証拠だと指摘。最近の中国政府は伝統的な街並みの復活に向け、これまでにない巨額の投資を行っている、と話す。

代表的なのは山西省大同市。同市は石炭の街として知られているが、現在は、数世紀前の雄大な建築様式を再現した建物への建て替えが街全体で進められているという。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
告白に全土が震撼!中央テレビ新社屋、実は「男女の性器」がモチーフ?―中国
「中国は外国人建築家の実験場ではない!」奇抜なビル乱立に学者抗議―中国
北京の「ディズニー化」?嘆く声も、歴史顧みず再開発される旧市街ー米紙
「発展」で失われる伝統文化に警鐘―中国
<レコチャ広場>「歴史文化財として価値ある建築物」、中国人の高層ビルコンプレックス―中国

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年11月30日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。