<温暖化>危機!南極の氷塊がとける…、観光ブームで毎年4万人がクルーズ―英紙

<温暖化>危機!南極の氷塊がとける…、観光ブームで毎年4万人がクルーズ―英紙
26日、南極の氷塊が、観光客急増に伴う温暖化の影響で、解氷の危機にさらされている。写真は温暖化が進む南極。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=38336">【その他の写真】</a>(Record China)
       
2009年12月26日、英紙デイリー・テレグラフによると、南極の氷塊が、観光客急増に伴う温暖化の影響で、解氷の危機にさらされている。中国ニュースサイト「網易探索」が伝えた。

同記事は、オランダ人研究者のメイチェル・ラメルス氏によるオランダ科学研究機構(NWO)の調査報告をもとに、「南極における観光業の活発化によって、地球温暖化がさらに進行している」としたうえで、「南極ブームが、紛れもなく解氷の元凶にもなっている」と指摘した。

【その他の写真】

地球最後の秘境・南極は、観光スポットとして世界的に注目されており、20年前にはわずか数百人程度だった観光客も、いまや毎年4万人以上が訪れるまでの活況を呈している。3500ポンド(約50万円)あれば、気軽に2週間の南極クルーズを楽しめるという。

南極クルーズの魅力は、海面に浮かぶ氷塊やペンギンをはじめとする野生動物を間近で体感できることだ。しかし、観光客の急増と、クルーズにより快適さと刺激を求める観光客のニーズに伴い、南極における温室効果ガスの発生と環境破壊への懸念はより切実となっている。クルーズ船が吐き出すガスやゴミによって汚染や破壊が進むだけでなく、野生動物のストレスも相当なはずだ。

南極ブームは、観光業界に多大な利益をもたらしているだろう。しかし、「南極における観光業の活発化が、地球温暖化に拍車をかけている」と同報告は結論づけている。同氏は、「南極クルーズは、周辺環境を破壊するだけでなく、全地球的な環境の悪化にも直結している」と厳しく指摘している。(翻訳・編集/SN)

【関連記事】
2050年には氷河の半数が消失=地球温暖化の影響は深刻―中国
<COP15>米国代表、「中国に温暖化対策の資金援助は行わない」―英紙
<地球温暖化>長江流域、今後50年で災害がさらに増加―中国
海抜4000メートル台、南極最高地点に自動天文台を設置―中国
中国唯一の南極考査船「雪龍号」が上海を出航―中国

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「観光 + 東京」のおすすめ記事

「観光 + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年12月31日の中国記事

キーワード一覧

  1. 観光 東京

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。