不活発だった、米の専門職就労ビザの取得申請=就職難を反映―米華字誌

不活発だった、米の専門職就労ビザの取得申請=就職難を反映―米華字誌
4日、米華字週刊誌によると、米移民局は先月22日、2010会計年度(09年10月-10年9月)のH-1Bビザ(専門職向け就労ビザ)の申請数が定員に達したと発表した。写真は上海の米国総領事館内にあるビザ申請窓口。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=38612">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年1月4日、米華字週刊誌「Washington Observer weekly」(12月29日号)によると、米移民局は先月22日、2010会計年度(09年10月-10年9月)のH-1Bビザ(専門職向け就労ビザ)の申請数が定員に達したと発表した。青年参考が伝えた。

H-1Bビザは科学技術やIT分野など専門的な職業に就く外国人に発給される就労ビザで、有効期間は3年。延長は1回(3年間)きりとなっている。記事によれば、H-1Bビザの申請者は例年、4月1日の受付開始初日には定員オーバーとなり、抽選が行われるほどの盛況ぶりだったが、今年は世界的な金融危機の影響で外国人労働者を雇用する企業が激減したため、定員に達するまで9か月も要した。

【その他の写真】

同局によれば、10年度のH-1Bビザ発給数は8万5000件。しかし、不正申請が毎年後を絶たず、08年9月に同局が発表した調査報告によると、申請総数の13.4%で不正が見つかった。不正申請は中国人とインド人に最も多いという。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
中国で働く米国人、苦労のタネは「文化的衝突」―米紙
米国への投資によるグリーンカード申請者が倍増―中国
ビザのために日本人男性と結婚した中国人女性、その心の内は?―日本華字紙
国内労働者の保護目的でビザ制度を変更=中国人など数万人が駆逐される?―インド
【レコチャアンケート】中国の2010年の経済成長率は10%に達すると思いますか?

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年1月7日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら