<香港株>7日=3日ぶり反落、中国株安を嫌気

2010年1月7日、この日の香港株式市場で主要指数のハンセン指数は前営業日終値比0.66%安の22269.45ポイントと3日ぶりに反落した。前日の米株が方向感に欠ける展開となった上、この日の中国本土株の軟調を受け、前日まで続伸した反動から短期的な利益確定売りが強まった。

中国で金融引き締め懸念が強まり、中国建設銀行や中国銀行といった中国系銀行株が売られた。この日の中国本土株の下落を嫌気し、中国株を多く保有する中国人寿保険も下げた。HSBCや中国移動といった時価総額上位銘柄も軟調に推移し、指数の重しとなった。

半面、売買代金の回復を手掛かりに香港証券取引所は連日の大幅高となった。香港中華ガスや香港電灯といった公益株も買われた。

中国系銘柄のみで構成されるH株指数は1.31%安の13073.20ポイント。BYDや東風汽車集団など自動車株に利益確定売りが目立った。レッドチップ指数は0.15%安の4167.89ポイントで引けた。

香港メーンボードの売買代金は791億香港ドル(前営業日は913億香港ドル)。(翻訳・編集/東亜通信)

【関連記事】
<香港株>6日=続伸、売買代金は1カ月ぶり高水準
<香港株>5日=急反発、資源株が大幅高、売買代金は800億HK$超
<香港株>4日=小反落、米中株安を嫌気
<香港株>31日=急反発、年末のお化粧買い
<香港株>30日=小反落、年末の手仕舞い売りに押される

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年1月7日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。