暴動の再発防止か、治安対策予算を前年比約2倍に―新疆ウイグル自治区

暴動の再発防止か、治安対策予算を前年比約2倍に―新疆ウイグル自治区
14日、新疆ウイグル自治区政府が2010年の治安対策予算を前年比87.9%増の28億9000万元としたことが分かった。09年7月に発生した「ウイグル暴動」などを教訓に、暴動の再発や民族の分裂を防止する目的とみられる。写真はウルムチ市内。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=38875">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年1月14日、新華社通信(電子版)によると、新疆ウイグル自治区政府が2010年の治安対策予算を前年比87.9%増の28億9000万元(約390億円)としたことが分かった。09年7月に発生した「ウイグル暴動」などを教訓に、暴動の再発や民族の分裂を防止する目的とみられる。

同自治区の第11回人民代表大会第3次会議が13日に開催され、「2009年自治区財政執行状況および2010年自治区財政予算案に関する報告」(財政報告)などが審議された。それによると、同自治区の2010年一般支出予算は前年比31.7%増の406億元(約5480億円)。内訳は教育が同46.9%増の42億3000万元、社会保障・就業が36.2%増の34億元、環境保護が138.7%増の9億6000万元、治安対策が87.9%増の28億9000万元などとなっている。

【その他の写真】

昨年7月に発生したウイグル暴動によって、同自治区は社会の安定や民族の団結を著しく脅かされた。このため同自治区政府は、「民族の団結」を修復・強化するため、今年度から小学校から大学までのすべての教育段階で「民族団結に関する専門課程」の導入を決定している。教育、社会保障・就業、治安対策に関する予算の大幅増加は、いずれも暴動の再発や民族の分裂を防止し、更なる民族団結の強化を図る目的とみられている。(翻訳・編集/HA)

【関連記事】
<09年中国10大ニュース・2>デモから暴動へ発展の「ウイグル騒乱」、背景に経済格差か
国旗・国歌義務付け!来年1月から全小中学校で毎日儀式―新疆ウイグル自治区
「窃盗のウイグル族が暴行受ける」デマ情報流した3人を逮捕―広東省広州市
レストランで乱闘事件、ウイグル族従業員1人が死亡―広東省深セン市
<ウイグル暴動>ウイグル族22人、カンボジアの国連事務所に亡命申請―中国紙

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年1月16日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら