<四川大地震>「私たちはそばにいる」神戸発災害ボランティアの挑戦を紹介―NHK・BS1

<四川大地震>「私たちはそばにいる」神戸発災害ボランティアの挑戦を紹介―NHK・BS1
17日、NHK・BS1は17日夜のBS特集「私たちはそばにいる ~神戸発災害ボランティア 四川に挑む~」で、08年の中国・四川大地震発生直後から現地に入り、被災者支援に奮闘する一人の日本人について紹介する。写真はNHK提供。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=38620">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年1月17日、阪神・淡路大震災から15年。NHKは17日午後8時10分から「BS1」のBS特集「私たちはそばにいる ~神戸発災害ボランティア 四川に挑む~」で、2008年の中国・四川大地震発生直後から現地に入り、被災者支援に奮闘するある日本人について紹介する。

四川大地震の際、日本から乗り込んだ救助隊などによる支援を通じてそれまでの日本への見方が大きく変わったと報道されたが、そうした日本や日本人に対する一般中国人の視点がどのように紹介されるのか。ひとつの手がかりとして注目したい。

【その他の写真】

NHK広報部によると、番組の概要は以下の通り。
死者6万9千人、全壊住宅650万戸という甚大な被害を出した中国・四川大地震。都市部では住宅の建設やインフラ整備が進められてきたが、支援の手が届きにくい地方の農村部では復興格差が生まれ、被災者が苦しい生活を続けている。

そんな中で、発生直後から現地に入り、1年半に渡って被災者の支援に奮闘してきた日本人がいる。神戸のNGO「CODE海外災害援助市民センター」のメンバーである吉椿雅道さん(41)だ。彼の活動の原点は阪神淡路大震災。世界中の被災地を回り、神戸の経験を活かしながら町の復興や人々の心の回復を支援してきた。

四川での活動拠点は人口700人の小さな山村・光明村。吉椿さんは、被災者一人一人の声を丹念に拾いながら村が抱える課題を見つけ出し、解決策へとつなげていく。大切にしているのは、「被災者が自分たちの力で町を再建していけるような支援」だという。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年1月17日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。