転んだ老人は助けるな?!「南京の彭宇事件」で失われた中国のモラル―中国紙

転んだ老人は助けるな?!「南京の彭宇事件」で失われた中国のモラル―中国紙
16日、中国青年報は記事「老人が転んでも誰も助けようとはしない、彭宇事件は中国のモラルの水準を後退させた」を掲載した。写真は昨年末の「ネコババ裁判」の被告。拾ったお金をとどけたところ、ネコババしたとして訴えられてしまった。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=38934">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年1月16日、中国青年報によると、今月9日、あるネットユーザーは街中で転んだ老人を助け起こした経験をネットで公開し、「後で大変なことになるのではと心配だった」と不安を明かした。この問題に関してあるウェブサイトではアンケートが実施されたが、13万人の投票者のうち「助ける」との回答はわずかに4%だった。

こうした心理の背景となっているのが2006年に南京市で起きた彭宇(ポン・ユー)事件。転んだ老人を助け起こし病院に送り届けた彭宇さんだが、その老人は彭宇さんが突き飛ばしたために転んだと主張し、13万元(約173万円)の賠償を求めて告訴した。裁判所は「本当に正義の心からの行動なら、老人を助け起こす前にまず犯人を捕まえるはず」と推測し彭宇さんを犯人と認定、7万9000元(約105万円)の支払いを命じた。

【その他の写真】

民法を専門とする中国人民大学の張新宝(ジャン・シンバオ)教授は、賠償を求める際には原告に立証責任があったと指摘、彭宇事件の裁判は妥当ではなかったと分析した。不当な判決であった可能性が有力だが、同事件が社会に与えた影響は大きいと北京大学社会学部の夏学鑾(シア・シュエルアン)教授は見ている。「もともと中国社会には信用危機が存在していましたが、同事件はモラルをさらに後退させるものとなりました」と述べている。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
<怖い中国事情>転んだお年寄りは「助けてはいけない」が鉄則―江蘇省南京市
日本と違う?モラルに欠ける職業、上位に医師や警察…―中国
「背が低いから」県職員不採用になった男性、人事局を訴える―重慶市
<図書館>モラルは?地下鉄のセルフ貸出、1か月で1万2千冊が消える―上海市
飛び降り現場の投稿ビデオを放送!ネット上でモラル論争が沸騰―中国河南省

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年1月18日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。