12か国との国境画定が完了、残るはインドとブータンのみ=海上防衛の強化も進む―中国紙

12か国との国境画定が完了、残るはインドとブータンのみ=海上防衛の強化も進む―中国紙
2010年1月28日、中国青年報は国家辺海防委員会弁公室を取材し、記事「隣接する14か国との国境=ブータン、インド以外とは画定を終える」を掲載した。写真は中国・ベトナム国境の友誼関。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=39322">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年1月28日、中国青年報は国家辺海防委員会弁公室を取材し、記事「隣接する14か国との国境=ブータン、インド以外とは画定を終える」を掲載した。

多くの国と国境を接する中国にとって、国境画定交渉は長年の懸案。1960年代にはミャンマー、ネパール、モンゴル、パキスタン、アフガニスタンとの交渉を終えた。90年代にはさらにラオス、カザフスタン、キルギスタン、タジキスタン、ベトナムとの国境画定に成功した。2004年には黒瞎子島(ロシア名は大ウスリー島)などロシアとの問題もすべて解決。残る問題はブータン、インドの2か国のみとなっている。

【その他の写真】

陸上の国境問題解決が進む一方で、中国は海上防衛にも力を入れている。1994年以来、47億元(約624億円)を当時、防衛設備の追加、改修に努めてきた。沿海地区に設置された海防コントロールセンターは100を超え、700以上の監視カメラ、レーダーシステムが配備されている。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
北方領土の手本に…?!中ロ国境問題の解決で―ロシア紙
タジキスタンとの国境問題が決着、新領土増える―中国
中国とミャンマーの国境線一帯が密出入国の最前線に―米紙
国境近くでの中国の空港等建設に強い警戒感、「明らかに軍事目的」―インド研究機関
中印国境紛争、来年にも決着か=中国側が大きく譲歩の可能性も―香港紙

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年1月31日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。