成田空港で寝泊まりの「島流し」中国人、2月2日に記者会見=旧正月前に帰国受け入れか―成田

成田空港で寝泊まりの「島流し」中国人、2月2日に記者会見=旧正月前に帰国受け入れか―成田
2010年1月、昨年11月初めに中国当局から帰国を拒否され成田空港にとどまり続けている上海市在住の中国人・馮正虎氏(55)は31日、成田空港での寝泊まり終了に関する記者会見を2月2日午後2時に空港内で開催すると発表した。写真は読者提供。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=39340">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年1月、昨年11月初めに中国当局から帰国を拒否され成田空港にとどまり続けている上海市在住の中国人・馮正虎氏(55)は31日、成田空港での寝泊まり終了に関する記者会見を2月2日午後2時に空港南ウィングの取材エリアで開催すると発表した。先週来中国大使館の当局者が接触しており、帰国受け入れに関する交渉がまとまったとみられる。

3日に日本に入国して衰弱した健康状態を整えてから14日に始まる旧正月までに帰国する見通し。

【その他の写真】

馮氏は中国への帰国を試みて成田空港に送還された後、11月7日にはビザ放棄を宣言して日本への入国を拒否。空港の入国審査カウンター前にある制限エリアでトイレの水を飲むなどして寝泊まりを続けており、31日で89日目となる。

中国で民主化・人権活動に取り組み、服役経験もある馮氏は中国パスポートを持つが、当局側は入国拒否の具体的理由を明かしておらず、日本に実質的な「島流し」にあった形だった。(編集・NK)

【関連記事】
日本「島流し」の中国人、退去申し渡し10回・空港寝泊まり40日越す―成田
ANAが強制「拉致」?日本「島流し」の上海市民がリアル「トム・ハンクス」、帰国求め1か月―成田空港
中国人2人、中国の学生数千人に不正手段で英国ビザ取得を仲介=卒業証明書など偽造、実刑判決に―英国
中国人向け観光ビザの発給制限緩和へ=年収制限の撤廃も視野に―日本
不活発だった、米の専門職就労ビザの取得申請=就職難を反映―米華字誌

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年1月31日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。