ジェームス・ウェンは「台湾のヨン様」!氷点下セクシーは“縮小”危機―台北市

ジェームス・ウェンは「台湾のヨン様」!氷点下セクシーは“縮小”危機―台北市
10日、人気俳優のジェームス・ウェンが、北海道を舞台にしたフォトエッセイ「遇見真実的刹那」の記者発表会を行った。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=39645">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年2月10日、人気俳優のジェームス・ウェン(温昇豪)が、北海道を舞台にしたフォトエッセイ「遇見真実的刹那」の記者発表会を行った。聯合報が伝えた。

ジェームス・ウェンは昨年の大ヒットドラマ「敗犬女王」で、ヒロインの婚約者を演じて一躍注目を集めた。その上品な顔立ちと落ち着いたたたずまいから、新世代の「マダムキラー」として人気を呼んでいる。

【その他の写真】

そのジェームスがこのほど、昨年末に北海道で撮影した写真を集めたフォトエッセイ「遇見真実的刹那」を発売。この日、台北市内で記者会見にのぞんだ。

雪の降る中で撮影された数々の写真には、ネットユーザーから「ヨン様のパクリでは?」との声も。これについてジェームスは「どんな体格の男でも、雪の中に立てば誰でもペ・ヨンジュンっぽく見える」と苦笑して回答。写真集では、ファン待望の“セクシーショット”が1枚も見当たらないが、「マイナス10℃の中で裸になったら、アソコが縮んでしまう」と話し、記者らを爆笑させていた。(翻訳・編集/Mathilda)

【関連記事】
華流フリークス☆発熱フォーラム
新世代「マダムキラー」ジェームス・ウェン、赤面回答に女性ファン激萌え!―台北市
ヨン様の中国進出、「高慢」なふるまいで台無しに?―中国ブログ
台湾版「抱かれたい男性」ランキング、熟女はやっぱりヨン様がお好き?―台北市
F4ジェリーのライバルは「ヨン様」、共演マイケル・チャンは「友人までに10年」―台湾

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年2月11日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。