<敦煌学>日本の学者が「中国より進んでいる」と自負する理由とは?―華字紙

<敦煌学>日本の学者が「中国より進んでいる」と自負する理由とは?―華字紙
28日、日本の華字紙・日本新華僑報は、シルクロードのオアシス都市・敦煌を研究する「敦煌学」で、日本の研究者らは「中国より進んでいる」と自負していると報じた。写真は莫高窟。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=40148">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年2月28日、中国では今年の春節(旧正月)に中央テレビ(CCTV)でドキュメンタリー番組「敦煌」が放送され、このシルクロードのオアシス都市に対する関心が一気に高まっているが、華字紙・日本新華僑報は「日本人は『敦煌学』で中国より進んでいると自負している」と紹介した。以下はその概略。

ドイツの哲学者ヘーゲルは「教養のある欧州人にとって、古代ギリシャは懐かしい故郷のような存在」と言ったが、日本人にとっての中国も同じような存在なのだろう。竹下登元首相は敦煌を訪れた際、「中国は日本文化の源で、日本人の精神的故郷」と感激した様子だった。日本人はシルクロードや敦煌と聞いただけで深い郷愁に駆られるのだという。海部俊樹元首相も「敦煌に行かなくては、教養がある人間とは言えない」とまで述べている。

【その他の写真】

日本は敦煌に関する研究が盛んで、文献の数も豊富だ。それに比べ、中国は現存する文献がほとんどないため、海外から高値で買い戻しているのが現状。中国敦煌研究院という機関が存在するが積極的な研究をしているとは言えず、商業的な活動にも手を出していることから、日本人からは「敦煌商業院」と皮肉られている有様だ。

どちらにしろ、中国の研究者は日本の方が進んでいるかどうかにこだわらず、日本の研究成果を参考にしない理由はどこにもないだろう。それが両国の敦煌学にとって、有意義な結果をもたらすことにつながるはずである。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
<世界遺産>莫高窟、吹き付ける砂嵐により消失の危機に―甘粛省敦煌市
<環境問題>人口急増と耕地拡大で水資源乱用、オアシス湖の80%が消滅―甘粛省敦煌市
持ち帰られた敦煌の天文図、キトラ古墳抜き「世界最古」に認定―英国
砂漠にビキニ美女!幻想的な光景に市民もウットリ―甘粛省敦煌市
砂漠の真珠「月牙泉」、過去7年間で最高水位に!第2の泉も出現―甘粛省敦煌市

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年3月2日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。