温首相、金総書記の訪中時に「特別支援」申し出を拒否―中国

温首相、金総書記の訪中時に「特別支援」申し出を拒否―中国
17日、中国の温家宝首相は、北朝鮮の金正日総書記が訪中した際、国連安保理の対北朝鮮制裁の枠を超える支援はできないとの立場を伝えていたことが分かった。写真は11日、山東省日照港に積まれた北朝鮮に無償支援される計5tの化学肥料の硫酸アンモニウム。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=42198">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年5月17日、中国の温家宝(ウェン・ジアバオ)首相は、北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が訪中した際、「国連安保理の対北朝鮮制裁の枠を超える支援はできない」との立場を伝えていたことが分かった。新民網が伝えた。

金総書記は当初、今月3日から7日までの予定で中国を訪問。6日には北京で中国指導部と一緒に北朝鮮の「血の海(ピバダ)歌劇団」による北朝鮮版「紅楼夢」を観劇する予定だった。ところが、中国から「特別な支援」が得られないと知った金総書記は、これを急遽取りやめ、日程を切り上げて帰国の途についたという。

【その他の写真】

北京の情報筋は16日、「温首相は6日、釣魚台迎賓館で行われた金総書記との昼食会の席で『国連安保理の対北朝鮮制裁の枠を超える支援はできない』と伝えた」と説明。北朝鮮は国連制裁やデノミ失敗などにより食糧難や経済難が深刻化しており、金総書記は今回の訪中で中国から規定外の「特別な支援」が得られることを期待していたが、思ったような成果が得られなかったと分析した。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
<金正日訪中>これまでにない大きな主導権を手にした中国―米華字紙
国営メディアが金総書記の訪中報じる、6カ国協議の意見交換も―中国
<レコチャ広場>金正日総書記が中国を訪問した真の目的とは?
韓国が金総書記訪中に不快感、中国大使通じ外交圧力―中国メディア
<金正日訪中>金総書記演出の歌劇「北朝鮮版紅楼夢」=自ら北京で観賞か―韓国紙

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年5月17日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら