三国志の英雄・曹操の甥「曹休」の墓を発見―河南省洛陽市

三国志の英雄・曹操の甥「曹休」の墓を発見―河南省洛陽市
17日、河南省文物局は洛陽市内で開いた記者会見で、三国時代の英雄・曹操の甥(おい)にあたる曹休の墓が発見されたと発表した。同省では昨年末、曹操のものと思われる墓が発見されたばかり。写真は曹休のものと発表された墓と出土品。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=42216">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年5月17日、河南省文物局は洛陽市内で開いた記者会見で、三国時代の英雄・曹操の甥(おい)にあたる曹休の墓が発見されたと発表した。同省では昨年末、曹操のものと思われる墓が発見されたばかり。国際在線が伝えた。

曹休のものと発表された墓は09年4月、連霍高速道路の拡張工事の最中に発見され、同年5月から発掘作業が行われていた。墓の大きさは東西50.6メートル、南北21.1メートル、深さ10.5メートル。盗掘の際に開けられた穴も6カ所見つかったが、全体的に保存状態は良好。

【その他の写真】

墓の前室と側室のいずれからも散乱した人骨が発見され、男性と女性各1人ずつのもので、男性は50歳過ぎで身長は約171センチ、女性は40歳前後であることが分かった。墓の後室から約2センチ四方の「曹休」と彫られた銅印が見つかったことが、墓が曹休のものだと断定する重要な決め手となったという。

北の側室にも棺桶が置かれた形跡があることから、墓は3人が合葬されたものだとみられている。このほか、陶器や銅器、鉄器、金銀器なども発見された。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
<曹操の墓>曹操の70代目子孫がDNA鑑定、墓の真偽をめぐり―上海市
「曹操の墓」で地元民ひともうけ、春節連休に観光客続々―河南省
<曹操の墓>次は劉備?孫權?盛り上がるファンに「考古学と宝探しは違う」と専門家が一喝―中国
出るか!曹操の次は「劉備の墓」、県民総出で証拠探しを開始―四川省眉山市
<レコチャ広場>骨董ブームで庶民にまで広がった墓の盗掘―中国

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年5月18日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら