精神障害者を殺人犯にでっち上げ=公安局長らに処分―河南省開封市

精神障害者を殺人犯にでっち上げ=公安局長らに処分―河南省開封市
2010年5月17日、中国新聞網は、河南省開封市尉氏県公安局の局長、副局長、警官が免職など処分を受けた。検挙率を上げるため、精神障害者を殺人犯にでっち上げていたという。写真は河南省の特別警察。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=42204">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年5月17日、中国新聞網は、河南省開封市尉氏県公安局の局長、副局長、警官が免職など処分を受けた。検挙率を上げるため、精神障害者を殺人犯にでっちあげていたという。

昨年4月16日、尉氏県でのどを切られた男性の遺体が発見された。現地警察は調査の結果、精神障害者の劉衛(リウ・ウェイ)氏を殺人犯と断定、逮捕した。今年4月末、各メディアは「精神障害者を殺人犯にでっち上げた」と報じ、県公安局を批判した。河南省公安庁、開封市公安局はただちに調査を行い、殺人犯でっち上げを確認したという。

【その他の写真】

このたび関係者の処分が発表された。鄭偉(ジョン・ウェイ)県公安局局長・党委書記は行政規律違反および共産党の厳重警告を受け、免職された。宋偉民(ソン・ウェイミン)副局長は行政規律違反として副局長の職を解かれた。事件に関係した警官5人も免職された。

04年以来、河南省警察は「殺人事件はすべて解決する」という目標を立て、達成出来なかった場合は担当者の責任を問うという厳しい制度を導入していた。これが犯人でっち上げの背景になったとみられ、河南省公安庁は意識改革を通じて事件の再発を防ぐ方針を示している。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
「息子たちの結婚費用にしたい」冤罪で11年服役の男性に国が880万円を賠償―河南省商丘市
精神科系患者、少なくとも1億人以上―中国
<冤罪>誤認逮捕などの被害者に国家賠償の権利を認める方針―中国
英国人への死刑執行「国籍による特権なし、判決は平等」=最高人民法院は精神鑑定を拒否―中国
<心の危機>自殺が15~34歳の最大の死因に、精神疾患が急増―中国

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年5月18日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。