4億人市場?日本は中国人観光客の受け入れ態勢を早急に整えよ―日本華字紙

4億人市場?日本は中国人観光客の受け入れ態勢を早急に整えよ―日本華字紙
17日、日本華字紙・日本新華僑報は、日本政府が今年7月から中国人個人観光客向けのビザ発券要件の緩和を決定した件に関連し、日本の急務は中国人観光客受け入れのためのソフト面とハード面双方の整備であると主張した。写真ははとバス。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=42215">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年5月17日、日本華字紙・日本新華僑報は、日本政府が今年7月から中国人個人観光客向けのビザ発券要件の緩和を決定した件に関連し、日本の急務は中国人観光客受け入れのためのソフト面とハード面双方の整備であると主張した。中国新聞社が伝えた。

中国人を対象とした日本観光ビザの発券は、昨年6月までは団体観光客に限定されていたが、昨年7月以降、年収25万元(約338万円)以上の富裕層を対象として個人向けにも解禁された。しかし、観光客数は当初の予想より伸びず、今年3月までの個人観光ビザの発券件数は約1万6000件、昨年の中国人観光客は全体で約100万人に過ぎなかった。

【その他の写真】

より多くの中国人観光客を誘致するため、日本政府は今月10日、個人観光ビザの発券要件を大幅に緩和することを決定。今年7月1日以降、年収が3万~5万元(約41万~68万円)あり、大手クレジットカード会社が発行するゴールドカードを所有する中間所得層についても個人観光ビザ発券の対象にするとした。ビザ発券対象となる中間層の数は4億人とも言われ、日本の観光業界だけでなく、小売業界などからも大きな期待が寄せられている。

一方、記事は「日本は自信を持って大量の中国人の受け入れ準備ができていると言えるのだろうか?」と疑問を呈する。確かに日本の主要都市の交通機関、公共施設などには英語以外に中国語の表示も増えてきたが、全国で普及しているとは言い難い。また、中国語で受け入れが可能なホテルなども十分とは言えない。その他にも中国語で対応できる観光ガイド、通訳、ショッピングガイドなどの人材も著しく不足していると指摘する。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年5月19日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。