<中華経済>住宅販売激減で業者が苦境、業務停止や人員削減も―天津市

<中華経済>住宅販売激減で業者が苦境、業務停止や人員削減も―天津市
18日、中国政府が4月に発表した不動産引き締め策により、中古物件を中心に取引が激減した天津市では、一部の仲介業者が苦境に陥っている。写真は天津市のマンション。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=42233">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年5月18日、中国政府が4月に発表した不動産引き締め策により、中古物件を中心に取引が激減した天津市では、一部の仲介業者が苦境に陥っている。不動産販売が好調だった2009年に増員したため人件費コストが負担となり、業務の一時停止や人員削減などの対策が避けられない。地元メディアが伝えた。

中国政府が4月14日に発表した引き締め策を受け、天津市の中古住宅取引数は激減。5月3-9日の週の取引件数は前週比54%減の963件だった。

【その他の写真】

不動産仲介業者の1人は「昨年の好調な時期には電話の前に座っているだけで1日に7、8件が売れた。最近の1カ月は10日に1件程度しか売れない」と話している。業者の中には週に2日ほど営業を休止しているところもあるという。(翻訳・編集/東亜通信)

【関連記事】
<中華経済>不動産価格プラス12.8%、主要70都市で過去最高を更新
上に政策あれば下に対策あり、政府の不動産バブル抑制策に市民は「偽りの離婚」で対抗―中国
中国人投資家130人、済州島で不動産見学ツアー―韓国
不動産購入めざす中国資本、日韓米欧とあらゆる地域に出没―中国紙
【レコチャアンケート】中国人観光客のビザ条件緩和に賛成ですか?

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年5月21日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。