中国がイラン制裁に同意=外交取引の代償は北朝鮮問題での譲歩か―海外メディア

中国がイラン制裁に同意=外交取引の代償は北朝鮮問題での譲歩か―海外メディア
18日、米国政府は突然、中国とロシアがイランへの新たな制裁に同意したと発表した。メディアはオバマ外交における「空前の勝利」と評価しているが、その背景には北朝鮮問題をカードにした外交取引があるという。資料写真。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=42292">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年5月18日、米国政府は突然、中国とロシアがイランへの新たな制裁に同意したと発表した。メディアはオバマ外交における「空前の勝利」と評価しているが、その背景には北朝鮮問題をカードにした外交取引があるという。20日、環球時報が伝えた。

19日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、中ロの指示を獲得するため、きわめて重要な問題での譲歩を余儀なくされたとの米国官僚の発言を報じた。譲歩によりイラン最大の産業であるエネルギー分野への制裁は回避されるほか、イラン中央銀行をブラックリストに掲載するプランも撤回されたという。

【その他の写真】

18日、米政治ニュースサイト・ポリティコは、アジア問題の専門家・スミス氏のコメントを掲載した。韓国の哨戒艦沈没問題を国連に預けず、地域内で処理することをイラン制裁の条件にしたと分析している。米紙クリスチャン・サイエンス・モニターは為替操作国認定の延期、石油不足になった場合のサウジアラビアなどからの原油確保が条件になったと報じている。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
中国に対する為替操作国認定延期=イラン制裁との取引だった?米高官は否定―米メディア
<核問題>イスラエル、イランの代表団が相次ぎ訪れ、中国は板挟み―中国紙
<イラン>台湾向け兵器売却撤回を条件に中国に制裁支持持ちかけ―米メディア
<哨戒艦沈没>北朝鮮輸入の中国製魚雷による攻撃と断定=事故調査報告書公表へ―韓国
韓国哨戒艦沈没事件、米国は北朝鮮による同盟国への攻撃とみなす―韓国紙

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年5月21日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュース

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。