<中台>台湾行き団体旅行、新疆ウイグルなど6省・区にも解禁―中国メディア

<中台>台湾行き団体旅行、新疆ウイグルなど6省・区にも解禁―中国メディア
5月31日、中国新疆ウイグル自治区など6省・自治区の住民も7月18日から台湾への団体旅行が許可される。写真は台湾に最も近い場所として観光名所になっている福建省福州市の平潭県。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=42621">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年5月31日、中国の対台湾行窓口機関である「大陸海峡両岸旅游交流協会」(海旅会)は、新疆ウイグル自治区など6省・自治区の住民に対しても7月18日から台湾への団体旅行を許可する方針であることを明かした。1日付で環球網が伝えた。

海旅会は08年7月、中国本土の13省(市、自治区)の住民に対し、台湾への団体旅行を解禁。09年2月にはこれを25省(市、自治区)に拡大していた。今回は、内モンゴル自治区、チベット自治区、甘粛省、青海省、寧夏回族自治区、新疆ウイグル自治区の計6省・自治区が対象となり、これで、中国の全31省(市、自治区)の住民すべてが台湾への団体旅行が可能となった。

【その他の写真】

同会の最新統計によると、08年7月の解禁から今年4月20日までに台湾を訪れた本土客は延べ100万人を超えているが、同会台北事務所の範貴山(ファン・グイシャン)代表は、「今後は毎年100万人を超える」との見方を示した。

また、台湾の一部旅行関係者から要望が上がっている個人観光の解禁についても、「検討を始めたところだ」と述べた。具体的なタイムスケジュールは決まっていないが、実現するとしても団体旅行と同じように段階的に解禁していくことになるという。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
【レコチャアンケート】中国人観光客のビザ条件緩和に賛成ですか?
<中台>本土ツアー客が急増中、受け入れ態勢の強化を―台湾紙
<中台>旅行業務を行う駐在事務所を相互に開設、来年の旧正月までに―中国紙
<中台>中国人観光客の増加に対応、受け入れ数の上限引き上げへ―台湾
<上海万博>日本誌の「No.1パビリオンは台湾館」選定にビミョーな反応―中国

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年6月3日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。