「残業減らしてゆとりある時間を」社員連続自殺の台湾系企業が給与引き上げを実行―中国

「残業減らしてゆとりある時間を」社員連続自殺の台湾系企業が給与引き上げを実行―中国
2日、台湾の大手電子機器受託生産メーカー・フォックスコン(富士康)は、中国工場の一般従業員全員の給与を30%以上引き上げると発表した。写真は5月29日、フォックスコンの従業員。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=42669">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年6月2日、台湾系大手電子機器受託生産メーカー・フォックスコン(富士康)は、中国本土工場の一般従業員全員の給与を30%以上引き上げると発表した。今年に入ってから同社従業員の飛び降り自殺が相次ぎ、これまでに10人が死亡している。低い給与と厳格過ぎる労働管理が自殺に追い込んだのではと同社は批判にさらされていた。2日、新華網が伝えた。

給与引き上げは6月1日より実施。従業員、ラインリーダー、グループリーダーが対象となる。一般従業員の給与は月900元(約1万2200円)から1200元(約1万6300円)へ引き上げられる。もともと900元以上の月給をもらっていた一部の一般従業員、ラインリーダー、グループリーダーも30%以上の引き上げが約束された。

【その他の写真】

フォックスコンは給与引き上げは物価高とグループの業績に基づいて決定したと発表。同時に従業員の生活を重視しており、残業を減らして収入増を確保することで、ゆとりある時間を持ってもらいたいとコメントした。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
自殺多発の富士康、米アップルなどが独自調査へ―中国メディア
富士康の連続自殺に市政府が見解、「企業の管理体制も問題」―広東省深セン市
のろわれた携帯メーカー?富士康でまた従業員飛び降り、今年10件目―広東省深セン市
<中華経済>富士康で従業員が相次ぎ自殺、株価が一時大幅安
富士康、従業員の相次ぐ飛び降りで防止対策に乗り出す―広東省深セン市

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年6月4日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。