09年新卒大学生、半年後の就業率は86.6%!職業専門学校生の躍進目立つ―中国

09年新卒大学生、半年後の就業率は86.6%!職業専門学校生の躍進目立つ―中国
2日に発表された「2010年就業青書」によると、中国で09年7月に卒業した大学生の半年後の就業率は86.6%で。中でも職業専門学校卒業生の躍進が目立つ。写真は就職活動をする中国の学生。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=42643">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年6月2日に発表された「2010年就業青書」によると、中国で09年7月に卒業した新卒大学生の半年後の就業率は86.6%で、過去2年とほぼ同レベルだった。一方、初任給水準は昨年に比べて上昇していることが分かった。人民網が伝えた。

青書によると、大学卒業後半年経過した段階での09年の就業率(86.6%)は、08年卒(85.6%)に比べて1ポイント高かったものの、07年卒(87.5%)より0.9ポイント下がっており、大きな変化は見られなかった。ただし、この中では、就職せずに大学院に進学する学生の増加と高等職業専門学校卒業生の就業率の伸びが目立った。

【その他の写真】

初任給(卒業半年経過後)は、「211院校(=中国教育部が指定した21世紀の主要100大学)」の卒業生が08年比8%増の2756元(約3万7200円)、その他の大学卒業生が同10%増の2241元(約3万300円)、高等職業専門学校卒業生が同15%増の1890元(約2万5500円)だった。ただ、前年の07年と比較すると、給与水準は減少傾向。07年の初任給は、211院校が2949元(約3万9800円、09年は07年比6.5%減)、その他大学が2282元(約3万800円、同1.8%減)、高等職業専門学校が1735元(約2万3400円、同8.9%増)で、高等職業専門学校卒業生の初任給のみが07年より増加したことになる。

高等職業専門学校卒業生の初任給の急上昇および就業率向上の好結果は、社会ニーズの変化に合わせた学校側の教育改革の成功によるとみられている。(翻訳・編集/HA)

【関連記事】
「やっぱり名門は得」?大学卒業生の就業率ランキング、1位清華大、北京大は5位―中国
大学生の7割「中国本土で就職したい」―香港
就職氷河期の日本で中国人留学生は引く手あまた、国際感覚と語学力が武器に―華字紙
就職には「飲む」「打つ」などの技量も重要!学歴・資格に社交力もプラスを―中国
新卒者の6割が「職種を問わず、まずは就職」―上海市

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年6月6日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。