中国人は天を仰いで野菜を買う?―シンガポール華字紙

中国人は天を仰いで野菜を買う?―シンガポール華字紙
5月31日、今年になって中国で干ばつ、冷害、水害などが相次ぎ、にんにく、野菜、緑豆、とうもろこしなどの農産物の価格が上昇している。写真は深セン市の野菜市場で買い物をする消費者。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=42663">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年5月31日、シンガポール紙・聯合早報によると、今年になって中国で干ばつ、冷害、水害などが相次ぎ、ニンニク、野菜、緑豆、トウモロコシなどの農産物の価格が上昇している。6月3日付で環球時報が伝えた。

中国国家統計局の発表によると、野菜の小売価格が3月には前月比18.5%、4月にも同24.9%上昇した。今年に入ってから、消費者は「天を仰いで」野菜を買う日が続いているという。気候が変化し野菜が高くなると少なめに買う、気候の回復を待って多めに買う、という具合に調整する消費者が多いと記事は指摘。だが飲食店の経営者たちへの影響はさらに深刻で、毎日天気予報をチェックし、農産物価格の推移を予想することが習慣化しているという。

【その他の写真】

例年、旧暦5月5日の端午の節句が近づくと西安市では至るところで市民の「好物」である緑豆餅、小豆粽(ちまき)、黒米粽などを見ることができるが、今年はほとんど店頭に並ばなかったという。穀物店経営者は、「毎日価格が変動してどうにもならない。緑豆は起伏が激しく、小豆と黒米も高騰、売れ残りが恐くて多く仕入れることができない」と話す。ニンニク、豆類、トウモロコシと続く高騰。消費者の生活は天候によって左右されている。(翻訳・編集/津野尾)

【関連記事】
<中国食品>野菜を汚水に漬け重量水増し=悪徳農家の悪知恵―江蘇省南通市
「青物野菜・肉は週1回」南西部大干ばつで雲南の寄宿制小学校―中国
中国の気象予報、水害対策で力不足あらわ=極端な天候変化に対応できず―中国紙
価格が100倍!濡れ手にあわのニンニクバブル=発端はリーマンショックだった?!―香港紙
ニンニクの転売で大儲け!新車買う人続出、「億万長者」伝説も―山東省済寧市

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年6月6日の中国記事

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。