蓮舫氏は「台湾独立派」?日本初の中国系閣僚誕生にも冷ややかなネットユーザー―中国

蓮舫氏は「台湾独立派」?日本初の中国系閣僚誕生にも冷ややかなネットユーザー―中国
8日、新文化報は、菅直人政権に入閣した蓮舫氏に関する記事「日本版ヒラリー=中国というルーツを忘れず」を掲載した。中国の一部ネットユーザーは蓮舫氏の入閣に冷ややかな態度を示している。写真は菅直人内閣の主要閣僚。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=42760">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年6月8日、新文化報は、菅直人政権に入閣した蓮舫氏に関する記事「日本版ヒラリー=中国というルーツを忘れず」を掲載した。

蓮舫氏は台湾人の父と日本人の母を持つハーフ。グラビアアイドル、女優、キャスターとして芸能界で活躍した後、政治家に転身。2004年に初当選を果たした。昨年の政権交代後、事業仕分けで頭角を現し、ついに行政刷新相の重責を担うことになった。

【その他の写真】

日本で生まれ育ち、ついには国会議員、閣僚となった蓮舫氏。この「日本版ヒラリー・クリントン」はしかし中国というルーツを忘れていないという。昨年8月、芸能界を離れた理由について質問された蓮舫氏は、自分の場所を得たかった、自分のルーツについて考えたかったと答えている。また戸籍上の本名である「村田蓮舫」ではなく、父方の姓をとった「謝蓮舫」という名前を今でもよく使っている。さらに中国留学の経験もあり、流暢な中国語を話す。

新文化報をはじめ、中国メディアが日本初の中国系閣僚の誕生に好意的な記事を寄せる一方で、ネットユーザーからは冷ややかな反応もある。蓮舫氏自身は民主党の立場である「一つの中国原則」を支持しているが、2004年に台湾の李登輝元総統と会見したことから、「台湾独立派」だとして反発する人も少なくないようだ。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
菅首相、行政刷新相に中国系の蓮舫議員を起用へ=台湾、中国メディアも報道
<在日中国人のブログ>中国人意識のない日本初の中国系大臣―蓮舫
中国系の蓮舫議員に「右翼政治家が差別発言」、華字紙が報道―日本
1年交代の日本首相=辞任劇が示す世襲議員の弱さ―米紙
菅新首相、万博訪中を見送り=初外遊は主要国首脳会議か―中国メディア

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年6月8日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。