華人を狙い撃ちにした暴動が発生=今なお続く人種間対立―インドネシア

華人を狙い撃ちにした暴動が発生=今なお続く人種間対立―インドネシア
7日、新華網は記事「インドネシア華人はいまなお人種差別の脅威にさらされている=生存の安全は楽観視できず」を掲載した。改善されつつあるとはいえ、華人とその他の民族の緊張関係は続いている。写真はジャカルタ。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=43570">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年7月7日、新華網は記事「インドネシア華人はいまなお人種差別の脅威にさらされている=生存の安全は楽観視できず」を掲載した。以下はその抄訳。

インドネシアは世界でも華人が最多の国。とはいえ人口世界4位の同国で華人が占める比率は小さい。政府や社会の差別は次第に薄れつつあるとはいえ、今なお脅威に直面していることは間違いない。

【その他の写真】

先日、西カリマンタン州サンバス県シンカワンで、華人華僑を対象にした暴動が起きた。車が燃やされ、ガソリンスタンドに火炎瓶が投げ込まれるなどの騒ぎとなった。発端は客家系華人のハッサン・カルマン(中国語名:黄少凡)シンカワン市長に対する反発だ。5月末、マレー族の市民約20人は街中で市長に対する批判を展開、龍の像を引き倒そうすると騒ぎが起きた。一時は警察が鎮圧したものの、その後の暴動の火種となった。

シンガポール華字紙・千島日報は、事件は人種問題を背景にしていると分析。華人市長が中国文化を優遇しているように思われれば(問題の龍の像は2008年に設置されたもの)人種間衝突の要因になると指摘し、華人に言動に注意し冷静になるよう呼びかけている。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
「私たちの安全を守れ」在仏華人華僑3万人が「暴力反対」デモ―フランス
過激な中国人排斥運動、世界で広がる=華人の海外急進出を反映―英メディア
女子留学生刺傷に衝撃、華人社会に緊張感―キエフ
華人差別論に反論、「国の開拓者」―マレーシア
華人は国民ではない?「差別発言」で謝罪―マレーシア副首相

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年7月8日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。