<人口爆発>2015年には2300万人、2020年には2500万人の可能性も―北京市

<人口爆発>2015年には2300万人、2020年には2500万人の可能性も―北京市
16日、北京市の人口が急激に増加しており、2015年には2300万人、2020年には2500万人を突破し、一部都市機能が麻痺する可能性があるという。写真は人口が増え続ける都市部に住む人々。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=43854">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年7月16日、北京市政府の調査によると、同市の人口が急激に増加しており、2015年には2300万人、2020年には2500万人を突破し、一部都市機能が麻痺する可能性があるという。北京晩報が伝えた。

北京市政府によると、“十一五(第11次5か年計画、2006~2010年)”で、同市の08年時点における常住人口を1625万人以内に抑えるとしていたが、09年末の常住人口は1972万人。このデータによると、06~09年に毎年54万3000人増加した計算となり、“十五(第10次5カ年計画、2001~2005年)”期間中の予想平均年間人口増を20万人超過している。同政府は、新増人口の70%は流動人口で、人口抑制策をさらに強化しなければ、2015年には2300万人、2020年には2500万人を突破すると推測している。

【その他の写真】

人口の急激な増加は都市機能に様々な弊害を及ぼしている。公共交通機関もすでに飽和状態に近く、流動人口の移住に伴う義務教育を受ける必要のある児童数も、00年の9万人から41万8000人(09年)へと急増。同市の児童全体の約40%を占めているという。流動人口が関係する犯罪件数の増加も深刻だ。同市で発生する犯罪の89.5%は流動人口によるもの、と当局は発表している。

さらにはエネルギー問題がある。同市は98%の資源・エネルギーを外部に依存しているため、このまま人口が膨張し続けると、例えば「南水北調プロジェクト」で同市が南部地区から導入する水資源は、増加する人口分ですべて消費されてしまう可能性があるという。ごみ処理においても、同市が1日に産出するごみの総量は1.83万トンだが、周辺の処理施設の本来の処理容量は1.27万トンにすぎず、超負荷稼動でも処理量は1.74万トンにとどまっている。(翻訳・編集/HA)

【関連記事】
高齢者人口1億6700万人、平均寿命は73歳に―中国
河南省の人口が今月中にも1億人を突破!初の“1億超え省”に―中国
西部大開発に8.8兆円を追加投入!東部人口の拡散と経済不均衡解決が狙い―中国
2015年、人口14億に接近、都市人口が初めて農村人口を超える見通し―中国
100年間で人口は5倍に、2050年には中国超える?―インド

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年7月20日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。