<全国水質調査>地表水の24%が最悪品質に=工業用水としてすら利用できず―中国

<全国水質調査>地表水の24%が最悪品質に=工業用水としてすら利用できず―中国
26日、中国環境保護部は2010年上半期の環境情勢に関する報告書を発表した。中国の地表水が深刻に汚染されており、全体的には中度の汚染にあたると指摘した。地表水の4分の1弱は工業用水としての基準も満たしていない。写真は安徽省の巣湖。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=44118">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年7月26日、中国環境保護部は2010年上半期の環境情勢に関する報告書を発表した。中国の地表水が深刻に汚染されており、全体的には中度の汚染にあたると指摘した。地表水の4分の1弱は工業用水としての基準も満たしていないという。BBC中国語サイトが伝えた。

中国では水質は6つの級に分類されており、一類、二類、三類は飲用が可能。四類、五類は工業、または農業用水としてのみ利用可能。第六類はあらゆる用途に適合しないと規定されている。

【その他の写真】

調査によると、地表水の49.3%は一類、二類、三類に分類されている。前年同期比で1.3ポイント上昇。四類、五類は26.4%。最悪の六類も24.3%を占めた。過去10年間、中国政府は厳しい環境保護対策を推進してきたが、中小の製紙工場、セメント工場、化学工場などによる汚染された水の直接廃棄を止められないでいる。また、大量に使用されている化学肥料も河川の富栄養化と藻の大量繁殖を招いているという。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
<写真で見る中国の今>水質汚染に見る経済発展の影
中国石油のパイプラインに漏出、渭河などに流入=土壌・水質の汚染に懸念―陝西省渭南市
農村部の飲料水の水質、2億7千万人分が安全基準を満たせず―中国
<怖い中国事情>水質汚染に警鐘、「車はBMWでも飲み水は汚染だらけ」
「高原の真珠」もアオコだらけ、水質汚染が依然深刻―中国

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年7月29日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。