日本国債購入は中国の「陰謀」だった?!円高演出し日本の競争力を削ぐ―中国紙

日本国債購入は中国の「陰謀」だった?!円高演出し日本の競争力を削ぐ―中国紙
12日、国際金融報は記事「中国の日本国債買い入れは『陰謀』か?」を掲載した。上半期だけで1兆7000億円もの日本国債を購入した中国。その背景には日本の競争力を削ぎ、外交面で優位に立とうという「陰謀」が隠されているという。資料写真。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=44540">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年8月12日、国際金融報は記事「中国の日本国債買い入れは『陰謀』か?」を掲載した。以下はその抄訳。

日本財務省発表の統計によると、中国は5月に続き6月も日本国債を大きく買い増した。上半期の累計購入額は1兆7000億円に達している。大規模な日本国債購入は、外貨準備の米ドル依存脱却を目指す中国の戦略と見る専門家もいるようだ。

【その他の写真】

だが事実は明らかに異なっている。第一に日本はデータ的にはすでに「破産国家」。国際通貨基金(IMF)の統計では公的債務の総額はGDPの229%に達している。先日、債務危機が起きたギリシャですらこの数値は113%でしかなかった。これまで国際的格付機関が日本円の評価を引き下げなかったのは、日本国債の9割が日本国内で購入されたことを理由としているに過ぎない。

第二に米国債と比べ、日本国債の利益率は非常に低い。10年物米国債の利益率は3%以上を保持しているが、日本国債は1.1%に過ぎない。また流動性が低く、売却も容易ではない。

こうしたリスクを考えれば、日本円は中国の外貨準備が向かう投資先とはならないだろう。1兆7000億円を購入したとはいえ、米国債保有高の8000億ドル(約68兆8000億円)には遠く及ばない。

では中国の意図はどこにあるのか?現在、急激に進行する円高にその理由を見ることができるだろう。円高により日本国債の価値はあがり、中国は大きな利益を手にした。また中国が大量の日本国債を入手したことで、日本側はその投げ売りを避けなければとの心理が働く。そして日中はともに輸出主導型経済であるため、円高は中国のライバルである日本企業の競争力を削ぐことにもつながる。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
中国の日本国債保有高、急拡大の理由は「中国人の好意」―中国メディア
円暴落は時間の問題=中国政府は日本国債購入をやめよ―中国人評論家
中国が日本国債の第2の保有国に、今年に入ってから急拡大―中国メディア
丹羽中国大使をお守りせよ!日本外務省、中国通の精鋭3人を大使補佐に配置―台湾紙
【レコチャアンケート】中国企業の日本買いを脅威に感じますか?

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年8月13日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら