<調査>「日常的に伝統作法に気を付けている」はわずか16%―中国

<調査>「日常的に伝統作法に気を付けている」はわずか16%―中国
19日、中国に古くから伝わる礼儀作法について、日常的に気を付けている中国人はわずか16%に過ぎないことが分かった。写真は5月、山東省臨沂市内の幼稚園で行われた伝統作法や古代の服装を学ぶ授業。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=44759">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年8月19日、中国に古くから伝わる礼儀作法について、日常的に気を付けている中国人はわずか16%に過ぎないことが分かった。中国青年報が伝えた。

中国青年報社会調査センターが主催した調査で明らかになった。調査対象は計3622人。うち80年代生まれが55.0%、70年代生まれが32.2%を占めた。その結果、「日常生活で常に伝統作法に気を付けている」と答えた人は16.1%、「一部だけ」は70.8%、「あまり気を付けていない」は12.0%だった。「気を付けていないに等しい」人も1.0%存在した。

【その他の写真】

では、伝統作法は現代社会にとって重要だと思うか?との問いには、85.9%が「重要」と回答、そのうち25.3%は「非常に重要」と答えた。だが、実際にどれくらい知っているかについては、55.1%が「少し知っている」程度で、「十分知っている」はわずか7.0%だった。

また、中国人が伝統作法を重んじなくなった原因について、73.3%が「核家族化」、67.3%が「学ぶ機会が少ない」、44.0%が「くどすぎて現代人の生活リズムに合っていない」と回答。特に若者にその傾向が強いことについては、54.0%が「西洋的なマナーを重んじるようになったため」と答えた。

このほか、現代社会に伝統作法を広く復活させることについて、78.2%が「中国伝統文化の神髄の発揚になる」、73.6%が「人間関係が良くなる」、68.6%が「中華民族の求心力を強める」、62.2%が「国民の素養と国のソフトパワー向上につながる」と肯定的に考えていることも分かった。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
<日本人が見た中国>中国の学生はなぜ礼儀に欠けるのか?
誰だ、成金を「新貴族」などと呼んだのは?灰色の金を得ただけ、礼儀・教養なし―中国紙
<上海万博>「マナー」はどこに消えた?!外国人が見た万博大混乱―英メディア
売春、拝金主義にNO!中国政府が伝統回帰の「道徳運動」を展開―米紙
<レコチャ広場>文化を捨てた中国人は軽蔑されているのか?5000年の伝統を取り戻そう

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年8月21日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。