<中国気になる話>波紋呼ぶ「2歳の大富豪」誕生=社会のゆがみ映し出す―江蘇省南京市

<中国気になる話>波紋呼ぶ「2歳の大富豪」誕生=社会のゆがみ映し出す―江蘇省南京市
Kinbricks Now」は、中国ネットユーザーの批判を集める「2歳の大富豪」誕生のニュースを取り上げた。写真は福建省泉州市の高級住宅街。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=45017">【その他の写真】</a>(Record China)
       
2010年8月、レコードチャイナのライターによるブログ「Kinbricks Now」は、中国ネットユーザーの批判を集める「2歳の大富豪」誕生のニュースを取り上げた。

10年8月、江蘇省南京市に「2歳の大富豪」が誕生、注目を集めている。29日、南京日報が伝えた。

【その他の写真】

「2歳の大富豪」の座を射止めたのは、[女丑][女丑](ニウニウ)ちゃん。今年9月から託児所に通う2歳児だ。しかし驚くなかれ。すでに300平方メートルの一軒家を所有している。その価値は400万元(約4970万円)近いとか。この家、ニウニウちゃんの祖父母が将来、持参金にしてほしいと買ってくれたもの。後見人がいれば、未成年の不動産購入も合法だという。

ニウニウちゃん一家はどんな大富豪かと思いきや、びっくりすることに祖父母・両親全員がサラリーマンだとか。ただし勤務先は独占企業(銀行、電力、ガスなど法的に独占が認められた企業。他業種を比べ著しく給与が高く、格差の要因と批判されている)。不動産投資に積極的で、ニウニウちゃんの家が一家で5件目の不動産資産になるのだという。

「2歳の大富豪」誕生のニュースに、ネットでは激しい批判が噴出した。ありえない高給を得ている独占企業従業員の問題があらためてクローズアップされた格好だ。また現在は、2軒目以降の不動産購入には住宅ローンの頭金比率と利率を上げる不動産バブル抑制策が導入されているが、2歳児を購入者とする抜け道を使ったのではとの疑惑も浮上している。「2歳の大富豪」誕生のニュースはうらやましいでは済まされない、社会のゆがみを映し出す問題となった。(筆者:chinanews)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年8月31日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。