<尖閣問題>温家宝首相の談話が船長釈放の決め手に=日本は目的を達成との見方も―SP華字紙

<尖閣問題>温家宝首相の談話が船長釈放の決め手に=日本は目的を達成との見方も―SP華字紙
25日、シンガポール華字紙・聯合早報は記事「最終的に日本は中国船長を釈放=温家宝の談話が直接的な決め手となった―中国人研究者が語る」を掲載した。写真は船長釈放を伝える25日の中国紙一面。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=45679">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年9月25日、シンガポール華字紙・聯合早報は記事「最終的に日本は中国船長を釈放=温家宝の談話が直接的な決め手となった―中国人研究者が語る」を掲載した。以下はその抄訳。

尖閣諸島海域での中国漁船衝突事故から2週間余り。温家宝(ウェン・ジアバオ)首相が強硬な態度を示したことで、24日、日本は突然中国漁船船長の釈放を発表した。釈放について中国官制メディアはきわめて抑制的な報道を続けており、新華社及び中国中央電視台のニュース番組「新聞聯播」は、特集を組んでいない。大手ニュースサイトも日本メディア発表の情報以外には、中国の外交的勝利を告げる評論を掲載していない。

【その他の写真】

釈放にいたる決定には温首相の談話が決め手になった、と取材に答えた研究者たちは口をそろえている。清華大学国際問題研究所の劉江永(リウ・ジアンヨン)教授は、尖閣問題について政府指導者がこれほど強硬な発言をしたことはなかったと指摘。「日本に対してさらなる行動を取る」との発言は、日本に大きなショックを与えたと分析した。劉教授は日中がひそかに緊密なコミュニケーションをとっていたと見ており、中国側は温首相発言の重みは伝えたと考えている。

突然の釈放は、衝突事故が日本の主張するような司法の問題ではなく、政治問題であった何よりの証明だ、とシンガポールの著名な日本問題評論家である卓南生(トウ・ナムセン)氏は指摘する。日本、そして欧米メディアは事件は中国外交の勝利だと指摘するが、卓氏は日本の敗北かどうかはまだ断言できないと分析している。「日本は国内法に基づいて船長を勾留しており、目的には向かって半歩前進した。起訴すればさらに前進する。釈放はその中での半歩の後退に過ぎず、中国はやはり被害者だ。日本側は喜んでいることだろう」とコメントした。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
<尖閣問題>代償は日本企業が払うことに―中国人ジャーナリスト
<尖閣問題>四川大地震で中国人を感動させた「もう一つの日本人」はどこに消えた?―中国紙
<尖閣問題>中国を牽制しつつも怒らせない、米国の綱渡り外交―米メディア
<中国人が見た日本><尖閣問題>民主党は対中政策を転換させたのか?鳩山路線を大幅に修正
<尖閣問題>罠にはまった日本、衝突事故で中国は「一石五鳥」―日本華字紙

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 尖閣諸島 中国
レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年9月26日の中国記事

「尖閣諸島 + 中国」のおすすめ記事

「尖閣諸島 + 中国」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「尖閣諸島」のニュース

次に読みたい関連記事「尖閣諸島」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら